[野球]
上田哲之「黒田博樹という生き方」

 この年末年始の日本球界最大の話題といえば、やはり、黒田博樹の広島カープ復帰ということになるのだろう。なにしろ、まだ年末なのに、知人から「おめでとうございます」という連絡が来る。何のことかと思えば、黒田復帰である。年が明けると、「今年1年に限り、カープファンをやらせていただきます」という挨拶も数人にいただいた。それくらい、カープファン以外の多くの野球ファンにも衝撃を与えたニュースなのだろう。

 報道によれば、パドレスなら単年21億円とも噂された高額年俸を振り切って、出来高含めて約4億円のカープ復帰を決断したというのだから、まぁ、尋常一様ではない(私だったら、1秒も考えずに21億円を選ぶだろう)。男気だの、日本男児だのという、威勢のいい見出しが飛び交うのも、感動したといって1年だけカープファンに転向する人がいらっしゃるのも、無理からぬことだ。

 一応、所属事務所を通じて発表されたコメントを引用しておく。
<野球人として、たくさんの時間を熟考に費やしました。悩み抜いた末、野球人生の最後の決断として、プロ野球人生をスタートさせたカープで、もう一度プレーさせていただくことを決めました。今後も、また日々新たなチャレンジをしていきたいと思います。>

 文句のつけようのない立派なコメントだが、正直言えば、少し残念である。どうして、テレビカメラの前で記者会見してくれなかったのだろう。そうすれば、ファックスで配布された件のコメントとは比べものにならない名言が数多く聞けたはずなのに。

 思い出しているのは、FA権を得てカープから他球団への移籍が取沙汰された時の会見である。2006年の秋ですね。時の経つのは早いものだ。結局、FA権を行使せずカープ残留を決断するのだが、その時の会見は名言のオンパレードだった。この人は周囲のブレーン的な人の意見を聞いたのではなく、本当に自分で深く考えたんだ、というのが伝わってくる言葉だった。

 とりわけ有名になったのが、「カープを相手に全力で投げる自分が想像できなかった」という言葉である。ただ、この会見や、同じ時期の彼のインタビュー記事には、他にも感心させられるものが多かった。記憶だけで書くので、不正確であることをお断りしておくが、例えば、日本でプロ野球が本拠地をおく都市は限られている。それは恵まれたことだ、という主旨の発言があった。大阪近鉄がオリックスとの合併を発表し、プロ野球再編問題が噴出したのが2004年である。当然、その記憶は生々しい。日本の野球のあり方について、考えたからこその言葉だったのではあるまいか。

 あるいは、井川(慶)が抜けたから、次は僕が阪神に行ってエース、というのはどうなのか、というのもあったと思う。もちろん、FAは選手の貴重な権利である。ただ、これらの言葉には、個人の権利と、プロ野球が成立している環境への洞察と、両方が含まれていると思いませんか。だから、今回の復帰も、本当に自分で考え抜いての結論に違いない。