[MLB]
杉浦大介「初夢予想 ニューヨークの“暗黒時代”を終わらせるのは?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年の主役はメッツ?

 昨今のニューヨーク・スポーツ界が“暗黒の時代”を迎えているのは否定できない事実なのだろう。
 MLBのヤンキース、メッツはともに過去2年連続でプレーオフを逃し(メッツは8年連続)、NFLのジャイアンツ、ジェッツも今季の成績はどちらも負け越しで終わった。シーズン中盤を迎えたNBAでもニックス、ネッツが勝率5割以下で低迷し、プレーオフ上位進出はあり得そうもない。

 注目度のやや低いNHLでこそレンジャーズが昨季、スタンリーカップに進出したものの、街全体が盛り上がったとは言い難い。東海岸最高のスポーツタウンと呼ばれてきたニューヨークのファンにとって、少々寂しい時間が続いていると言ってよい。そして……2015年こそ、この状況が変化するのだろうか?

 かつてはヤンキース、ジャイアンツをはじめ、例年少なくとも1チームは頂点に近づいたものだった。スポーツタウンの復活が可能だとすれば、再び、その主役になるチームがどうしても必要である。

 候補を選ぶならば、本来であれば、依然として多くのタレントと資金力を誇るヤンキース、今季最後の4戦中3勝と復調気配だったジャイアンツを挙げるべきに違いない。しかし、2015年最初のコラムである今回、筆者は独断と偏見で違うチームを選びたい。数年来の再建政策を続け、長期に渡って上位が争えるロースター構築を目指してきたメッツである。

 2006年以降はプレーオフから遠ざかり、過去6年連続で負け越したメッツへの信頼を失ったファンはニューヨークにも多い。ただ、生え抜き重視のチームづくりが徐々に実りつつあり、ここでようやくプレーオフ争いができるだけのロースターが整ったと見る関係者は少なくない。

捕手  トラビス・ダーノウ(昨年6月24日以降は打率.272、10本塁打、OPS.805)
一塁手 ルーカス・デューダ(昨季初の30本塁打)
二塁手 ダニエル・マーフィ(昨季172安打で初のオールスター選出)
三塁手 デビッド・ライト(オールスター選出7度)
遊撃手 ウィルマー・フローレス(昨季.251、6本塁打)
左翼手 マイケル・カダイヤー(2年前にナ・リーグ首位打者)
中堅手 ファン・ラガレス(昨季ゴールドグラブ賞獲得)
右翼手 カーティス・グランダーソン(2011〜12年に2年連続40本塁打)

復帰するハービーの右肩に、ウィルポン・オーナー、メッツファンの期待は注がれる。Photo By Gemini Keez

先発
マット・ハービー(2013年オールスター先発)
ザック・ウィーラー(昨季11勝)
ジェイコブ・デグロム(昨季新人王)
バートロ・コローン(過去2年通算33勝)
ジョン・ニース(過去5年通算50勝)

ブルペン
ヘンリー・メヒーヤ(昨季28セーブ)
ヘウリス・ファミリア(昨季76試合で防御率2.21)
ボビー・パーネル(2013年に22セーブ)

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク