賢者の知恵
2015年01月12日(月) 週刊現代

職人・竹鶴政孝(マッサン)と天才・鳥井信治郎(鴨居の大将)「本当の関係」
NHK朝ドラ『マッサン』ではよくわからない

週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

かたや酒造りの夢をひたすら追い続ける職人肌。一方、お客様至上主義で突っ走るビジネス界の風雲児。水と油のような二人は一瞬交錯し、やがて袂を分かった。国産ウイスキーという宝物を残して。

いまでいう「ダメンズ」

「今度売り出す新商品の『ウイッキー』や」

「なんじゃこれ、ウイスキーと炭酸混ぜたんですか?なんでウイスキーを薄める必要があるんです」

「飲みやすいからや。大衆はウイスキーの味をまだ知らん。これやったら日本人とウイスキーの出会いを見事に演出できると思わんか?大発明やろ」

NHKの朝ドラ『マッサン』で、堤真一演じる鴨居の大将(モデルは鳥井信治郎)とマッサン(玉山鉄二演じる竹鶴政孝)がやりあうシーンだ。

スコットランドでウイスキーの醸造技術を学んで帰国したマッサンは、日本で初めての本格的なピュアモルト・ウイスキーの製造を目指して東奔西走するが、収益が見込めるかどうかわからない事業にカネを出してくれる人はなかなか見つからない。

一方で、天才的な商人の勘を持つ鴨居は、ウイスキーが日本人にも飲まれるようになることを予見し、ワイン事業で得た資金をウイスキー醸造につぎ込もうとしていた。

マッサンを演じる玉山鉄二は、その役柄についてインタビューで次のように語っている。

「夢とエリー以外は何も見えてないから、空気も読めないし、ワキも甘い。直線でしか物事をとらえられないがゆえの遠回りをしたり、とにかく不器用です」

次ページ スコッチのような本格ウイスキー…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事