[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「河田がドラフト指名を勝ち取るために」

投手力問われるシーズン

 新年を迎え、オフのトライアウトや外国人の補強を経て、今季の陣容が少しずつ見えてきました。高知の一番の補強ポイントは投手陣。欲をいえば、東北楽天に行った入野貴大(元徳島)のように、ひとりで16勝をあげられるピッチャーがいればと思っていたのですが、そんな選手はNPBも見逃すはずはありません。トライアウトでは即、チームの柱になりそうなピッチャーを獲得できなかったのが実情です。

 今季はリーグ戦のシステムが変わり、前後期の日程が過密になることが予想されます。その分、投手力がより問われるシーズンになることは間違いありません。少なくとも9人は使えるピッチャーがいないと、チームは回らないでしょう。

 昨季から引き続きチームに残る日本人ピッチャーは3名、ここにトライアウトで入団する秋山陸(國學院栃木高-BBCスカイホークス)を加え、カープドミニカアカデミーからも右左ひとりずつピッチャーがやってくる予定です。これでも、まだ6名。米国のエージェントを通じて、もう1人確保できそうで、引き続き、現地でリサーチしてもらっています。

 目星がつかなければ、昨季途中に加入し、このオフには東北楽天のテストを受けたピート・パリーセや、32試合に登板したレイモンド・ビラセニョールを呼び戻すことも視野に入れています。外国人は未知数の部分が多く、当たり外れは来てみないと分かりません。とにかく開幕までには頭数を揃えたいと考えています。連戦が続きますから、投手起用もイニング数を区切って、中2、3日で回す工夫も必要になってくるでしょう。

 野手も梶田宙(現球団社長)や村上祐基が引退するなど、主力で残留する日本人は河田直人、根津和希、中村憲治、夏山翔太あたりです。河田に関してはNPBの数球団から調査書が届きましたが、結局、ドラフト指名はありませんでした。

 河田には、本当にNPBに行く気があるのか、少し突き放して本人に考えさせたいと思っています。当然、本人に聞けば「行きたい」と言うでしょう。ならば日常生活から何をすればいいのか、もっと真剣に取り組むべきではないでしょうか。

 僕の目からすれば、河田はNPBに行くには、まだ物足りません。成績面をみても打点が少なく、勝負弱さが出てしまいました。グラウンドでの立ち居振る舞いも、NPBの選手たちと比較するとピリッとしたところが感じられません。日頃の行動からスカウトはよく見ています。これは僕も何度か指摘してきたことですから、本人はよく分かっているはずです。

 分かっていてできないのか、しないのか。いずれにしても大きく変わったところをみせないと今年も指名はありません。自分自身と真摯に向き合い、逃げ道や言い訳をつくることなく、どこまで追い込めるか。この1年、彼の必死度を見極めたいと思います。