議論勃発 NewsPicks

提供:株式会社ユーザベース

NewsPicksの面白さはなんと言ってもPickerによる記事へのコメントだ。時には1つのニュースを巡って議論が勃発することもある。このコーナーでは2014年に盛り上がった議論2つをセレクトした。

debate 1
政府主導で〝和製スティーブ・ジョブズ〟は生まれるか?

「異能ベーション」とは、総務省が情報通信技術分野で”和製スティーブ・ジョブズ”を生み出すため、イノベーティブなアイディアの募集を始めた制度のことだ。受賞アイディアには、年間300万円を上限とした研究開発費が助成される予定である。

当初は、圧倒的に批判的な意見が多かった。だが、選考結果が発表されると、議論は逆転。総務省の一次審査を通過した「『いいね!』する車」や「みまもるライト」などのアイディアや、異能ベーション制度そのものに対しても、肯定的な意見が目立つようになった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら