NewsPicks 2015年ビッグワード10

2015年01月07日(水)

提供:株式会社ユーザベース

科学や産業の世界では、日々新たなイノベーションが生まれている。これから、どのようなパラダイムシフトが起きるのか。2015年、この10の言葉を頻繁に耳にすることになるだろう。

1.LOON計画 Project Loon

GOOGLE / AP / AFLO

グーグルの先端技術研究所、グーグルXから生まれた実験的プロジェクト。成層圏に打ち上げた気球を通じて、地上からネットワークを取得。通信環境が貧しい地域でも地中に固定回線を引く必要がなく、大規模な地域で安価なネット接続を可能にすることから注目されている。すでにニュージーランドで実験が開始され、地上から気球を操縦することも成功している。

さらに、気球の代替としてドローンによる打ち上げも検討されている。すでにグーグルがドローンの新興企業であるタイタンエアロスペースを、フェイスブックが同じく英アセンタを相次いで買収。2015年にかけて、空を巡る戦いをどちらが制するのか、注目だ。

2.人工海上国家 Seasteading

COURTESY OF ANDRAS GYORFI

ピーター・ティールがもくろむ一大プロジェクト。その中身は、海の上に人工の主権を持つ独立国家を作ろうというものだ。この背景には、ティールの思想の骨格をなすリバタリアニズム(自由至上主義)がある。理想を実現すべく、彼はミルトン・フリードマンの孫とタッグを組み、計画を進めている。ティールはこのプロジェクトに125万ドルを投資しており、2050年までに数千万人が居住する主権国家とすることを目標に掲げている。

3.窒化ガリウム Gallium nitride

SCIENCE PHOTO LIBRARY / AFLO

その名前自体よりも、今年のノーベル物理学賞の授賞で話題になった青色LEDの材料となる半導体と言えばイメージが湧きやすいだろう。今後の電子デバイスへの応用が期待される。



最新号のご紹介

COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」

More
Close