NewsPicks 2015年、世界を面白くする男たち

提供:株式会社ユーザベース

経済情報に特化した話題のキュレーションメディア「NewsPicks」の編集部が、読者の投票をもとに注目のイノベーターをセレクトした。2015年、この男たちが世界をイノベートする。

Peter Thiel ピーター・ティール
世界のスタートアップを司る伝説の投資家

DAVID PAUL MORRIS / BLOOMBERG / GETTY IMAGES

世界では今、空前の起業ブームが進行中だ。ロケット開発の「スペースX」、空き部屋シェアサービスの「Airbnb」、音楽配信サービスの「スポティファイ」など、注目の企業が次々と生まれている。

これらの背後には、1人の男がいる。伝説の投資家、ピーター・ティールだ。彼の率いる「ファウンダーズ・ファンド」のポートフォリオには、世界を変える可能性を秘めた新興企業がずらりと並ぶ。

ティールが一躍その名を高めたのは、フェイスブックへの出資だ。2004年の創業初期に50万ドルを出資、そのカネは2012年の上場によって 6.4億ドルに化けた。元本の約1300倍だ。彼が注目を浴びるのは、その華麗なる「実績」だけが理由ではない。「思想」そのものが、人々を魅了してい る。ティール流思考のエッセンスが詰まった著書『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』は、発売されるやいなや、世界でベストセラーとなっ た。

彼はゼロから1を生み出すような革新的企業を生むには、次の3つの問いを考え抜くべきだと言う。

「何に価値があるのか?」

「あなたに何ができるのか?」

「誰もやっていないことは何か?」 

当たり前のことに聞こえるかもしれないが、大半の人間は、深い思考もなく、儲かりそうな事業に飛びつき、自ら激烈な競争に身をさらす。そうではなく、誰とも競争する必要のない、価値ある事業を探し出し、「独占状態を築け」というのが彼のメッセージだ。

どでかいスケールの発想で、ビジネス界と人々の思考を揺さぶり続けるティール。2015年も世界を存分に挑発してくれるはずだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら