「美味しい」をつくる楽しさで人と農をつなげる---マイファーム・西辻一真社長インタビュー
マイファームの西辻社長

自産自消できる社会づくりを目指すマイファームでは、農の楽しさから入り、業につながる仕組みを持つ。趣味としての農をのぞいて、一般的には、業(仕事)から農を考えるものだが、それと真逆の考え方だ。生産者の高齢化・後継者不足・耕作放棄地問題など、農にまつわる課題は山積しているなか、同社の西辻一真社長のビジョンを聞いた。

農家を増やすアプローチに可能性がある

――2007年に会社を立ち上げていますが、立ち上げの経緯を教えていただけますか。

西辻: この会社を立ち上げた根底には、耕作放棄地の問題を何とかしたいという思いがあります。日本の耕作放棄地の面積は、約40万ヘクタールで東京都の約2倍の規模です。

この課題を解決するためには、生産者を増やしていくことが必要だと考えました。そこで、農を「楽しい」から始まり、業として続けられる会社をつくりたいと思い、起業しました。

ぼくは、農にかぎらず、何をするにしても、楽しいから入らないと続けられないと考えている人間です。こう考える背景には、ぼくの幼少期から高校時代にかけての体験があります。

ぼくは人口1万人強の福井県三国町で生まれました。親は農家ではなく、サラリーマンでした。その当時は、会社の社宅に住んでいたのですが、庭に家庭菜園があり、この菜園があったことで、ぼくは農とつながれました。

親に農作業を教えてもらいながら、5歳から野菜を作っていました。夏でも冬でも、毎朝6時ごろには起きて、学校に行く前の日課として、世話をしていました。ニンジン、大根、茄子など、天候に気をつけて、毎日かわいがってあげれば、大人顔負けの本当に美味しい野菜ができます。すると、親がほめてくれて、ますます農作業が好きになっていきました。

ぼくは農作業の楽しさを実感していたのですが、高校の通学路で、耕作放棄地の多さが目に付くようになり、「農作業はこんなに楽しいのになんで?」と疑問を覚えるようになりました。

大学は京都大学の農学部に進学したのですが、将来、耕作放棄地を生かして、バイオテクノロジーの研究者になって、新しい品種の作物を育てたいと思っていました。

ただ、その学部で学び、分かったことは、ぼくがしてきたことは、農であり、業(仕事)ではないということ。楽しいと感じていたのは農だけで、業の辛さを体感していなかったのです。多くの研究では、経済原理にそって「業から始まる農」を考えられています。ぼくの考え方とは真逆です。

食糧危機の問題に対しても、世界の人口が増えていくので、生産者一人あたりの生産量を増やす計画をたてています。でも、ぼくは、その方法だけでなく、農家そのものを増やすアプローチもあると気付き、そちらに可能性があると見込みました。

業にするという悩みや不安もきっちり解消でき、農を「楽しい」から入るビジネスモデルを構築できれば、耕作放棄地の問題の解決につながると考えています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら