「自分なりの成功」追いかけて---青山社中・朝比奈一郎 筆頭代表・CEOインタビュー
青山社中を立ち上げて、若手リーダーの育成に取り組む朝比奈一郎筆頭代表・CEO

霞ヶ関でエリート街道を歩んでいた男は、ベンチャー企業を立ち上げて、若手リーダーの育成に人生を賭けた。その男とは、青山社中(東京・港)の朝比奈一郎筆頭代表・CEOだ。リーダーシップを、「指導者」ではなく「始動者」と定義し、「自分なりの成功を追え」と塾生に伝える。

――朝比奈さんは、2011年から青山社中リーダー塾を始めています。「リーダーシップを持った人材」が生まれてこないことを問題視していますが、その要因はどこにあるとお考えでしょうか。

朝比奈: そもそも、リーダーシップの定義についてなのですが、私は、「変革に向けたアクションを取ること」だと考えています。リーダーのことを、世間一般では、指導者とも表記して人の上に立つ人というイメージが強いのですが、むしろ、率いる人の数は関係なく、「始動者」だと理解してみてください。

始動とは、前例や掟を乗り越えて、動くことだと思います。前例やこれまでの枠組みを越えてチャレンジする人を、分野は関係なく増やしていきたいと思っています。

――チャレンジできない社会的背景はどこにあるのでしょうか。

朝比奈: 社会全体が、戦後の高度経済成長を経て、かなり硬直化してきたことが要因の一つでしょう。戦後、焼け野原になっていたときには、始動力を発揮する人が多数いました。

しかし、時代を重ねて、いろいろなものが硬直化してきました。たとえば、政治では、保守の政党に入り、当選を重ねて大臣になる。教育では、良い学校に入り、良い会社に入る。「何をするか」よりも、「何かになる」ことが中心になっている。

人はみな、小さいときから、「成功したい」と思っているものです。しかし、自分の成功とは何だろうかと深く突き詰める時間を持てているでしょうか。お金や社会的地位など、分かりやすい成功に縛られていませんか。それらを完全否定しているわけではありませんが、その成功は、本質的な問いへの答えにはなっていません。

もっと大局観を持って、考え抜くことが必要だと思います。自分の中で、「成功」を決めたときに、初めて始動力が発揮されるのですから。