『知のトップランナー149人の美しいセオリー 』 あなたの知らない美しい世界

 レビュアー:村上 浩

この本の編者ジョン・ブロックマンは、科学サロンであるEdge.orgの主宰者であり、そのサイト上で毎年1つの質問を知のトップランナーたちに投げかけている。本書は、2012年の質問に対する149人分の回答をまとめたものだ。

"あなたのお気に入りの、深遠で、エレガントで、美しい説明は何ですか? "

スティーブン・ピンカーが考えたこの質問に対する回答は、物理学、生物学や数学などの自然科学分野はもちろん、言語、人間科学やアート等の分野からも寄せられている。あらゆる角度から繰り出される回答の中から世界の広さ、知の可能性を思い知り、脳がしびれるような刺激を受けるはずだ。

回答者の豪華さには目がくらむ。『利己的な遺伝子』のリチャード・ドーキンス、『ブラック・スワン 』のナシーム・ニコラス・タレブ、『銃・病原菌・鉄 』のジャレド・ダイアモンドなど、回答者の名だけでワクワクしてくる。自らの手で世界を変えてしまうような独創的アイディアを生み出してきた彼らが選ぶ、お気に入りの説明がつまらないはずがない。それぞれの回答は1~5ページ程度なので、気になる回答者部分だけつまみ読みしても楽しめるが、149の回答は分野毎に緩やかにまとめてられているので、順に読み進めるとそれぞれの回答がより有機的に繋がって感じられるはずだ。

回答の中で最も言及されているのは、やはりダーウィンの進化論。誰か他の人が必ずダーウィンを挙げるからと、あえて進化論以外を回答としている者もいる。進化論の影響はあまりに強力であらゆる分野に浸透しているため、もはや自然淘汰という概念のない世の中を想像できないということを再認識させられる。ドーキンスは「なるべく少ない仮定のもとで多くのことを説明する」エレガントさという点で、自然淘汰の理論が「圧勝」だという。

回答内容そのものだけでなく、質問への向き合い方にも強烈な個性がにじみ出ている。自身の研究分野で最も重要だと思われる説明を真正面から掘り下げる者、そもそも美しさとは何かから定義を始める者、散文詩をもって回答とする者など、1つの質問でよくこれほどまでに様々な考え方ができるものだ。さながら、インテリたちの真剣な大喜利をみているよう。

プリンストン大教授のポール・スタインハートは、エレガンスに潜む危うさを指摘する。彼は学生時代に数学者ヘルマン・ワイルが『シンメトリー 』で提示した対称性の理論を、真にエレガンスであると感じたという。原子論すら確立されていない19世紀に、物質の結晶構造を純粋数学の力で突き止めたワイルの理論は、若きスタインハートにとって"エレガンス"そのものだった。しかし、1984年に大きなブレークスルーが訪れる。ワイルの理論では「禁じ手」であると考えられた構造を持つ、奇妙な人工合金が発見されたのだ。『シンメトリー 』で描写されていたのは、完璧からは程遠く、自然の真の姿を無視したものだったのである。この体験を振り返り、スタインハートは以下のように結んでいる。

"理論を評価するために、エレガンスと単純さはしばしば有用な基準ではある。が、ときとして、私たちが実際のところ大間違いをしているにもかかわらず、正しいのだと勘違いさせてしまうこともあるのだ。"

ハーバード大教授のディミター・D・サセロフは、流体の流れと一緒に動いて伸び縮みするラグランジュ座標に魅了された。初めてその意味を理解した時には「天にも昇る心地だった」という。サセロフの回答の中でこの理論がどのようなものであるかは概説されているが、2ページ少々でその全てを理解できるはずもなく、天にも昇る快感を得ることは難しい。それでも、彼の興奮は十分に伝わってくるし、もっと深く理解したい、その美しさを自分も味わいたいと思わせてくれる。

トップランナーたちの回答には知らないこと、理解の及ばないことも多い。しかし、そのような回答にこそ、より強く惹かれる。もっと知りたい、もっと美しさに触れたい、という意欲が沸き立ってくるのだ。これほど多岐にわたる素晴らしい回答を引き出した本書の質問が「深遠で、エレガントで、美しい」ものであることは間違いない。

知のトップランナー149人の美しいセオリー

編者:ジョン・ブロックマン
出版社:青土社

内容紹介
シンプルな原理が複雑な世界を解き明かす!科学やアート、実業などの世界の最前線で活躍する第一人者たちのお気に入りの美しいセオリーとは何か?文字通りの革命的大発見から意外でユニークな「法則」まで、世界の知が総結集した贅沢なアイディア集。

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』HONZが選んだ100冊
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
内容紹介:キルギスの誘拐婚から現代宇宙論まで、嫌われる勇気からヤクザなキリスト教史まで、世界の"今"を紐解く、ブックガイド!ノンフィクション書評サイトHONZ厳選の100冊。

amazonこちらをご覧ください。