『黒幕』 - 最後の情報屋は、右と左と表と裏を制した男

レビュアー:内藤 順

部数は1000部に満たないほど。月2回の発行で、購買料は法人120,000円、個人36,000円(年額)。一般の人にはほとんど知られていない情報誌を発行しているだけなのだが、マスコミ人の誰もに知られ、一流企業の重役たちがその元へと足繁く通う男がいた。

それが最後の情報屋ーー石原俊介。「兜町の石原」とも呼ばれた男は、情報を生業とする人間にとって必ず挨拶すべき人と位置づけられ、彼が発行する『現代情報産業』は、"プロ"だけが手に取る読み物であったという。

本書は、2013年に亡くなった彼の知られざる半生を追いかけた一冊である。だがその半生は、世間を賑わせた経済事件の歴史そのものでもある。撚糸工連、平和相銀、リクルート、イトマン、東京佐川、金丸脱税、ゼネコン疑獄...。 その種の事件の裏側には、必ず石原氏の痕跡が残されていた。

彼の特長は、「人脈交差点」という立ち位置の巧みさにあった。若い時分には共産党へ入党しソ連へも留学。離れてからは右翼団体と同居しながら情報誌を発行するなど、「右と左」の両翼を渡り歩く。また任侠系右翼団体を経て住吉会全体に人脈を広げ、裏の世界へも精通する。

純然たる暴力団だけでなく、総会屋、地上げ屋、仕手筋、高利金融など暴力団の威圧をバックにする勢力がたしかに日本社会には存在し、彼らを抜きに社会構造も事件の背景も知ることは出来なかった時代のことである。

一方でその世界の情報を武器に、証券会社の総務・広報、マスコミ社会部、出版社の編集者といった表の世界の人間とも渡り合うことになる。自ずと「表と裏をつなぐ情報交差点」という立場が確立されていくのだ。

そのような人脈を駆使して得られる情報は、地道に人間関係を構築し、ようやく対面で得られる「生の情報」であり、時代を象徴するスキャンダルにおいても、知ると知らないでは決定的な違いを生み出す「本物の情報」であった。

彼がその筋で最初に名を上げたのが、平和相銀事件である。あまりにも人脈、構図、背景が複雑なため新聞記者も困惑する状況の中、マスコミが触れない「検察の思惑」と「政治との兼ね合い」にまで踏み込み、「情報のプロ」としての読みの確かさを披露した。やがては実績を片手に、企業の守護神としての地位を駆け上がっていく。その様々な舞台裏でのやり取りが、本書では生々しいほどに紹介されている。

たとえば、旧第一勧業銀行の総会屋への不正融資事件。当時、広報部次長を勤めていた小説家・江上剛はこう語る。「石原さんには、東京地検特捜部が、いつ、どんな状況下で、どういう形で強制捜査に入るかを、事前に全部教えてもらいました。」

行内の改革に立ち上がった中堅社員「4人組」による行内改革、それを影ながらサポートしていたのが石原氏であった。情報力、分析力のみならず、情報を使って行内を動かし、改革そのものをリードする。それは企業の危機管理広報が、マスコミが動き出したからでは遅いということをよく分かっていたからこそだ。脅しの要素を一切抜きにして影響力を行使することが出来たのは、ひとえに編集の論理における捌きの妙というより他はない。