わたしの好きな"ちんぼうぐ "『愛しき駄文具』

ビューアー:仲野 徹

文房具フェチである。ちょっとした文房具屋さんがあると、かならず覗きたくなる。ついムダな文具も買ってしまう。しかし、万年筆などに手を出さないかぎり、文房具の値段などしれたものである。文房具関係の本も好きである。いりもしないカタログ系のムックなんぞもしょっちゅう買っている。

この本も、出張前に駅の書店でつい買ってしまった。駄文具、なんじゃそら。著者は『きだてたく』。どこまでが名字なのか、はっきりしてほしい名前である。その、きだ氏かきだて氏かによると、駄文具とは『思わず遊んでしまって仕事が出来ないのが』、駄目な文具すなわち駄文具らしい。

プロフィールを見ると、ただ者でないことは一目瞭然だ。『自称世界一の色物文具コレクション(5,000点以上)に囲まれ』る生活であり、『“文具王"高畑正幸氏や、他故壁氏らと文房具トークユニット「ブングジャム」を結成。』とある。知る人ぞ知る文具王とユニットを組んでるとはあなどれん。

不覚にも他故壁氏はしらなかった。どう読むのかと思ったら、『たこかべうじ』らしい。高畑氏には氏と敬称をつけてるが、他故壁氏氏と書いてないということは、他故壁氏とほぼ同等の実力の持ち主なのであろう。といっても、たこ氏がどんな人かは知らんのであるが。

この本、すばらしいの一語につきる。80あまりの駄文具たちが、美しい写真と、ひねったタイトル、しゃれた解説とともに紹介されている。あっという間に読める。立ち読みでも十分だ。しかし、この本を手に取ったら、どうしても買いたくなるだろう。なんせ、しゃれてておもろすぎるのだ。

文具のカタログ、といえばそれまでである。しかし、ほとんどの文具本は、メーカーの名前とか、値段、そしてどこで手に入るか、などが書いてある。この本は、そのようなあさましい本とは違う。さすがに文具の名前は書いてあるが、メーカー名も値段も書いてない。さすが、色物文具ファンは粋である。

どれも垂涎の文具なのであるが、特に気に入った五つだけを紹介したい。あくまでも個人的な好みである。おそらく、人気投票したら、かなりばらつくはずだ。まずは、トップに紹介されているこれ。本というのは、買う前にぱらぱらと見るものだ。最初には、おそらく自信の逸品がおかれているはずだ。著者の思惑通り、心が鷲掴みにされた。

"airmail"と名付けられたメモパッドである。いまはもうすっかり見かけなくなった航空便せん模様のついたメモパッドだ。が、よく見てほしい。横に投石器のようなものがついている。メモを書いたらまるめて、これを使って飛ばすのだ。文字通りのエアメール。4.6メートルも飛ぶらしい。小さいオフィスでもE-mailを使ってしまうことが多いこのごろだが、このエアメールの方が素敵ではないか。500枚もメモ用紙がついて12.99ドルは、一通あたり三円と超お買い得だ。