[サッカー]
大野俊三「Jリーグにも“巨人-阪神戦”を」

 世界のサッカー界で2014年最大のイベントは、言うまでもなくブラジルW杯でした。日本代表は5度目のW杯出場でベスト16以上の成績を期待された中、グループリーグ敗退。W杯の常連国にはなったものの、まだ安定して勝利を挙げられるレベルにないという現実を突き付けられました。

 自分にしかない“個”を磨け

 ブラジルW杯では日本サッカーの足らない部分が見えました。それは組織の上に成り立つ個です。追い込まれた時、または突き放されそうになった場合に、苦境を打開できる力強い個。たとえば、かつての岡野雅行のような圧倒的なスピードを持った“専門職”的なプレーヤーをチームに入れておくべきではないでしょうか。もしくは空中戦で負けない選手でもいいと思います。

 スピードのある選手が起用された時は前線のスペースを徹底的に狙う。高さのある選手には、ロングボールを入れてポストプレーからチャンスにつなげる。こうした攻撃は相手に対処されやすくはあるものの、やり続ければズレを生じさせることもできます。これまでの日本は相手のシンプルなサッカーにどう対応するかを重視してきたように映ります。しかし、今後は日本も状況に応じてシンプルなサッカーを行う必要性があると感じています。

 W杯後はハビエル・アギーレ監督を招聘し、代表は新たなスタートを切りました。その中で、柴崎岳(鹿島)や武藤嘉紀(F東京)ら若い選手が選出されたことは、日本サッカーにとってプラス要因です。アギーレ監督には彼らの潜在能力をうまく伸ばしていってもらいたいものです。

 ロシアW杯を目指す上で、代表は海外組を中心にした布陣を組むことになるでしょう。海外組の選手たちは日本国内では経験できないレベルの高い舞台で戦っていますからね。ただ、繰り返しになりますが、試合でアクセントをつけられる選手を組み合わせていくことも重要です。国内組の選手は“自分にしかない個”を見つけ、それを磨いていってほしいですね。

 さて国内サッカーではガンバ大阪がJ1、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯を合わせて三冠を達成しました。三冠は00年の鹿島アントラーズ以来、史上2クラブ目の快挙でした。三冠を獲るようなクラブの出現は、日本サッカーにとって喜ばしいことです。

 有望な選手の海外移籍増加にともなって、Jリーグの魅力が薄れつつあるのは残念ながら事実です。私は魅力を取り戻す上で、G大阪のように圧倒的な結果を出すクラブの存在は必要だと考えています。欲を言えばそうした常に結果を出すクラブが2、3チームは出てきてほしい。というのも、プロ野球でいう巨人と阪神のような構図が成り立ってほしいのです。

 巨人―阪神戦はいつの時代も見る者をワクワク、ドキドキさせます。Jリーグでいえば西はG大阪、東は浦和レッズ、鹿島。これらのクラブは優勝回数や経験値などから見て、巨人、阪神になり得えます。そこに他のクラブが“いつまでも負けているわけにはいかない”と絡んでくることで、リーグ全体が活気を帯びていくと私は見ています。