『ブルネイでバドミントンばかりしていたら、なぜか王様と知り合いになった。』

ビューアー:土屋 敦

2005年、著者は経産省から外務省に出向し、在ブルネイ日本大使館の二等書記官となる。ブルネイは石油と天然ガスにめぐまれ、東アジアでもっとも裕福な国だ。ブルネイ王室は、世界一裕福な王族であり、その資産は4兆円といわれる。「ポルシェ、フェラーリなど5000台の高級車を所有し、毎日乗り換えている」「11億円のギャラでマイケル・ジャクソンを招待した」「王子がマライア・キャリーに6億円の指輪をプレゼントした」などという逸話は有名だ。

著者は、そのブルネイで、日本とブルネイの架け橋たらん! と奮闘する。が、早々に壁にぶつかってしまう。様々な提案を持ちかけても、ブルネイ政府の職員たちが動かないのだ。アポを入れても、対応するのは決定権のない末端の担当者ばかり。依頼した案件に対していつまでたっても返事がこない。そもそもその案件を上司に上げているかさえ、疑わしい。そして日本からの出張者とのアポイントはドタキャン。「保留」と「棚上げ」で、時間切れを狙い、何もしない。ブルネイにとって日本は最大の貿易相手国。両国は長きにわたり、良好な関係にあるはずなのに、なぜか?

やがて著者はその答えに気づく。ブルネイは、国土の広さは三重県程度、人口は40万人だが、そのうち約15万人は周辺国からの出稼ぎ労働者で、ブルネイ人は25万人。福井市や徳島市と同規模である。そしてその7割が公務員。かつ資源が豊富で、黙っていてもたくさんのお金が国に入ってくる。そんな状況にあれば、ヘタに動いて「出る杭は打たれる」状況になったり、失敗して責任を取るはめに陥るより、何もしないほうがいいに決まっている。市長が絶対的な権力を持ち、人口が7割が市役所勤めの小さな地方都市、市にはお金はジャブジャブ入ってきて、しかも無税という町を想像してみるといいかもしれない。そんなところで生まれ育ったら、すべてを「事なかれ主義」で通したくなるのも、仕方がないのだろう。

このブルネイ側の「暖簾に腕押し」状態にストレスがたまる一方、上司によるイジメまで受ける。妻子もまだブルネイの生活には慣れない。そんな踏んだり蹴ったりの状況で、著者は、何をしたか。そう。本のタイトル通り、「バドミントンばかりをした」のである。

中学生の頃からバドミントンに親しんだ著者は、「八方塞がり状態」における、唯一の気晴らしとして、ドバイの「ブルジュ・アル・アラブ」とともに世界で唯二つの7つ星ホテルである「ジ・エンパイア」のバドミントンコートで、インストラクターを相手に、両足の親指の爪が剥がれ、体がボロボロになるまでシャトルを打ちまくるのだ。当時著者は38歳、本格的な練習をするのは20年ぶりだったという。

ある日、「ジ・エンパイア」のコートにものものしく白バイの誘導で入ってくる一行を見かける。それは、ブルネイの「ダイアナ元妃」とも呼ばれて国民に思慕されている、現ブルネイ国王ボルキア陛下のマリアム元王妃だった。その美しさや威厳ある立ち振舞い以上に、著者が感銘を受けたのは、彼女のバドミントンの腕前と、小さな体から溢れ出るファイティングスピリットだった。マリアム元妃のものすごいプレーを目の当たりにして興奮するととも、著者はふと気づく。「この国のセレブたちはバドミントン好きなのではないのか」。よく考えると世界に誇る豪奢な7つ星ホテルにバドミントンコートがある事自体、不思議だ。ここはセレブ御用達のコートかもしれない。そして「自分は外交官として、バドミントンを通じてブルネイ政府に人脈を構築できるのでは」と思いつく。