お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

日銀の黒田東彦総裁がデフレマインドからの脱却を試み、異次元緩和の2弾目を唱えたせいで日経平均は17,000円代となった。2009年のリーマンショックから、驚くべき上昇を見せている。黒田氏は為替を意識したものではなく、国内経済のことだけを考えて緩和をした、と主張した。

日本の未来は非常に不透明と言われ続けたが、その結果、世の中にはファイナンスに関する本が無数に登場した。金融に関する興味がある人は、21世紀の自己責任の時代をサバイブするにあたり、すでにその知識を身につけている人も多く、いよいよ金融の知識がない若者も、苦手だからや面倒だからと言ってはいられなくなってきたのではないか。ちなみに私は冒頭の話なんて1mmも理解できていなかったし、資産運用の話も興味はあるが実際に何も動いていなかった。同様にマイホームには興味あるけど、不動産投資や法人を使った節税にはからきし、という人もいるだろう。

このままではいけない、と漠然とした焦燥感から、暮らしの中で役立つ金融知識(マネー知識)をワンストップで提供してくれるような、数十冊分程度のエッセンスが凝縮する本なぞはないかと探してきた。本書を知る人は多いかと思われるが、元となったのは2002年に発売された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』だ。この本は売れに売れ、ベストセラーとなった。これを読んで触発され、会社を辞めて今は赤坂にビルを3棟持っています、など経済的独立を手にした人も排出した。今回は2015年の全面改訂版である。

ビジネス書にありがちな誇大表現・煽り系タイトルなので、その時点で避ける人がいるかもしれない。それでも中身は論理的かつ合理的に資産を増やす方法を導いているため、誠実な情報源を提供してくれている内容だとわかる。

というのも橘氏の文体は、難しい金融の話も丁寧かつ初心者に噛み砕いて話せる構成となっており、読んでいるとファイナンシャルプランナーのコンシェルジュか?と思わせる印象を受ける。だが、その実オススメしている方法は合理性を追求しており、中には個人事業主と株式会社の特性を活かし、限りなく課税所得を減らす方法など法律に触れない範囲で資産を増やす方法もさらりと紹介しているから末恐ろしい。

ざっくりと項目内容はこのようになるが、

株式投資/不動産投資/マイホーム取得/保険
法人と個人事業主の使い分け/マイクロ法人を使った節税/税務署と税理士の関係

気になるトピックスはこんな調子である。

・誰でも億万長者になれる残酷な世界
・サラリーマンが金持ちになる方法は3つある
・短期投資は最高のギャンブルである
・30年後に手に入った「我が家」に価値はない
・課税所得をゼロにする
・新宿中央公園のホームレス