「民主党党首選」候補者に
三ツ星議員はいるか? いないのか? 

「万年野党」は2014年に結党した。

民主党党首選の候補者といわれる議員たちの国会での活動データ一覧

いよいよ今週、188特別国会が招集され、先の衆議院選挙で初当選した新人議員も含め、国会議員が登院した。

今回は、特別国会である事もあるが、12月24日に招集され26日までの3日間とこれまでの最短になるため、本格的な議論は、年明けからの通常国会という事になる。

この特別国会の中で、内閣総理大臣指名選挙が行われ、衆議院では安倍晋三 議員328票、岡田克也 議員73 票など、参議院でも安倍晋三 議員135票、岡田克也 議員61票などとなり、衆参両院本会議で安倍晋三 自民党総裁が第97代内閣総理大臣に指名され、第3次安倍内閣が発足となった。

この際、民主党が岡田克也 議員に投票したのは、海江田万里 民主党前代表が総選挙で落選し、岡田克也議員が民主党代表代行であるからだ。

こうした中で、政治の次の関心は、野党第1党である民主党の党首選へと移りつつあり、今回は、この代表選挙への立候補が噂される民主党国会議員たちを、NPO法人 万年野党で行ってきた国会議員三ツ星評価や、国会での活動データから紹介していきたい。

まず、この民主党代表選挙へいち早く立候補表明したのが、民主党前幹事長で、内閣府特命担当大臣なども務めた6期目の細野豪志 議員(43)だ。細野 議員の国会での活動を、前回の衆院選から今回の衆院選までの2年間で見ると、質問時間599分(99位)・質問回数19回(110位)・議員立法発議回数1回(129位)・質問主意書提出件数0件(63位)であり、残念ながらNPO法人 万年野党による「国会議員三ツ星評価」<http://yatoojp.com/2014/12/01/1562/>では、星の獲得はなかった。

次に、民主党元代表で、民主党政権時代には副総理や外務大臣などを務めた9期目の岡田克也 議員(61)。この2年間の国会での活動は、質問時間451分(121位)・質問回数11回(143位)・議員立法発議回数1回(129位)・質問主意書提出件数2件(26位)となっており、三ツ星評価での星の獲得はなかった。

参議院議員からも立候補へ意欲を見せているのは、内閣府特命担当大臣なども務めた蓮舫 議員(47)。参議院のため、単純に衆議院議員と比較できないが、同様にこの2年間のデータで見ると、質問回数11回(125位)・議員立法発議回数11回(8位)・質問主意書提出件数3件(24位)となっており、「国会議員三ツ星評価」では、議員立法発議回数で一ツ星☆を獲得している。

この他にも候補者として有力視されているのが、民主党元代表で、外務大臣や国交大臣を歴任した8期目の前原誠司 議員(52)。質問時間674分(88位)・質問回数16回(122位)・議員立法発議回数3回(61位)・質問主意書提出件数0件(63位)で、三ツ星評価での星の獲得はなかった。

5期目の馬淵澄夫 議員(54)も、質問時間305分(140位)・質問回数7回(173位)・議員立法発議回数2回(97位)・質問主意書提出件数1件(36位)で、星の獲得はない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら