【特別対談】浦井大一×政井マヤ
現代を生きる女性に必要な学びとは

提供:オリーブスパカレッジ

東京を拠点に全国展開している溶岩浴&オールハンドのリラクゼーションサロン「オリーブスパ」を運営し、多くのセラピストを養成しているオリーブスパアカデミーの代表取締役・浦井大一氏と、フリーアナウンサーの政井マヤ氏による特別対談を実施。
働く女性にとって必要な学びとは?スキルや経験を積んだ次に何ができるか?女性が自分自身を磨きながらキャリアアップをしていくために必要なことをテーマに、お二人が語る “日本人のおもてなし力”を紐解いていきます。


浦井オリーブスパは2004年11月にオープンした広尾本店に始まり、現在は33店舗まで拡大し、海外ではグアムとバリでも展開しています。月間で約2万人の方にご来店いただいているなかで、男性が55%、女性が45%と、男性のほうが多いことが特徴にあげられます。

政井 私も何度か行ったことがありますが、男性のほうが多いとは意外ですね。

浦井 ここ1、2年で男性のお客さまが一気に増えました。当社の場合、客単価は1万5千円強になります。宿泊抜きのサービス業としては、この単価で月2万人のご来店をいただいているところはなかなかないかと思います。従業員には、「僕らは日本で一番高いお金をいただいてサービスを提供している会社なのだから、それに見合うおもてなしをしなければいけない」と、つねづね話しています。

やってみせることが最短の近道だった

浦井 そもそも創業者が海外でスパを利用し、そのリラクゼーション効果に感動したことが当社の始まりでした。当時は「スパって何? スパとエステの違いって何?」といった認識が一般的でしたが、私たちなりに、体の疲れはどのような手技によって癒されるのか、お客さまに感動していただけるサービスとは何か、技術と接客のノウハウを蓄積し、リゾート系スパの市場を開拓してきたつもりです。

政井 独身の頃は、疲れがたまると駆け込み寺的に行かせていただいていました。体が疲れていると気持ちにもゆとりがなくなりますから、スパに2時間ぐらい行って心身ともにリラックスすることは、現代人にとって大切ですよね。

 2人目の子どもが生まれたころ、ベビーマッサージが流行っていて、何回か講習を受けたことがあります。今でも「足をやって」と言われて寝る前にマッサージしてあげるのですが、2人いっぺんに言われてなかなか大変です(笑)。でも、それがスキンシップになるし、お喋りしながらの楽しいひと時です。旦那さんにもしてあげたら喜ばれるかな(笑)。