「文章力は、伝達力の基本」
【第13回】伝えたいことはストレートに書く!

〔PHOTO〕gettyimages

【第12回】はこちらをご覧ください。

わかりやすい文章を書くためには、「文章構造をわかりやすくすること」と「一文一文をわかりやすくすること」の両方が必要です。そしてこの「一文一文をわかりやすくする」には、「言いたいことをわかりやすく表現する」ということも含まれています。

言葉が明確でも、「で、結局あなたは何をしたいのでしょうか?」と聞きたくなる文章を多く見かけます。日本には察し合う文化があるため、意図や依頼事項を明確に表現しないことがあります。それはそれで奥ゆかしい文化ですが、「わかりやすさ」の視点では裏目に出てしまうことがあります。

今日はそんなテーマで「文章力アップのポイント」を解説して行きます。

伝えたいことをストレートに書く

「分かりやすい文章」とは、書き手が伝えたいことが「分かりやすい」ということですね。つまり、意図を分かりやすく書かないと意味がありません。「文の構造」と「文章の構造」を分かりやすくしても、すぐに分かるように書かなければ、意味がありません。

そのためには、「伝えたいことをストレートに書く」ことが求められます。これは「表現力」というより、それ以前の「意志表示」の問題です。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら