[BCリーグ]
信濃・岡本克道監督「王、尾花両氏に見る指導者像」

 2015年シーズンから新監督として信濃グランセローズの指揮を執ることになりました、岡本克道です。私は現役を引退した後、2008年には長崎セインツ、09年には香川オリーブガイナーズと、独立リーグの投手コーチを務めました。そして10年からは横浜DeNAで投手コーチを5年間やらせてもらいました。そして今回は初めて監督という立場で、再び独立リーグに戻ってきました。自分を磨くいいチャンスだと思っています。

 とはいえ、監督就任というお話をいただいた際には、やはりすぐに決断することはできませんでした。同じ指導者とはいえ、コーチとはまったく立場が違うからです。これまで務めてきた投手コーチは、それこそ投手だけを見ていればいいわけですが、監督は違います。当然野手も見なければいけませんし、チーム全体を見なければいけません。目を配らせる範囲が、コーチとはまったく違うのです。

 そこで私は2、3日考える時間をいただきました。その間、友人、知人に相談したところ、「やってみたらいいと思うよ。これまでとは違った視野で野球を見れるようになるから」という助言を受けました。その言葉に背中を押してもらい、監督を引き受けることを決心しました。

 さて、08年からコーチを務めてきた中で、指導者として私が最も大事にしていること、監督という立場になっても継承していきたいのは、コミュニケーションです。選手とはもちろん、球団関係者とも普段からささいなことでもいいから積極的に話すようにしています。そうしないと、お互いを理解することができないからです。

 私がコミュニケーションを大事にしている背景には、現役時代の経験があります。福岡ダイエー(現ソフトバンク)でお世話になった、監督の王貞治さん、そして投手コーチの尾花高夫さん(現巨人二軍投手総合コーチ)です。王監督も尾花コーチも、選手とのコミュニケーションをとてもよくとる方でした。野球の話から、私生活の話まで、いろいろとしてくれたのです。また、何か悩んでいる時も、監督やコーチの方から「今、こういう状態じゃないのか?」などと、歩み寄って来てくれました。そんな現役時代の経験が、指導者としての礎となっています。