[裏方NAVI]
川北元(全日本女子バレーボールチーム戦術・戦略コーチ)<後編>「朗平、眞鍋両監督に共通した“人を見抜く力”」

「何としてでも、オリンピックに行きたい」。13年前、単身で渡った米国の地で、川北元はそう心に誓いながら、毎日自転車を漕ぎ、さまざまな指導者の元を訪れていた。
「当時は、将来なんてまったく見えていませんでした。でも、とにかくいい指導者になりたいという思いだけで、走り回っていましたね。そして、指導者としてオリンピックに行きたいと思っていました。だから毎日、“どうやったら、あの場に行けるほどの指導ができるようになるんだろう”ということばかり考えていました」
 その頃は何の伝手ももたなかった川北は、いい指導者と聞けば、その場に足を運び、どんな指導をしているのかを勉強させてほしいと直談判したという。川北の指導者への道は、まさにゼロからのスタートだったのである。

 川北は、米国女子代表チームのコーチという異色の経歴をもつ。実はこれもいわゆる“飛び込み”で交渉したというのだから驚きである。05年から同チームの指揮官を務めたのは、1996年アトランタ五輪で中国女子代表チームを銀メダルに導いた中国人監督の朗平だった。朗平監督の下で約4年間、実際に指導しながらコーチングを勉強した川北は、最後の08年北京五輪ではチームに帯同し、決勝戦を戦う姿を目の当たりにすることができたのである。同大会で米国は92年バルセロナ五輪以来となる表彰台に上がり、銀メダルを獲得した。この経験が川北にとって、何にも代え難い財産となっていることは想像に難くない。

 その朗平監督と、12年ロンドン五輪で全日本女子を28年ぶりの銅メダル獲得に導いた眞鍋政義監督とには、共通点があるという。それは選手のみならず、コーチ陣に対しても適性を見抜き、明確な役割を与えることだ。朗平監督の下で指導する中で、こんな出来事があった。北京五輪の2年ほど前、新しく代表に招集された選手がいた。キム・グラスだ。北京五輪ではエースのひとりとして活躍したプレーヤーである。グラスはパワフルなスパイクを武器としており、攻撃面での能力の高さは、ジュニア時代から誰もが認めるところだった。だが、その反面、守備に至っては世界で通用するレベルではなかった。