[アイランドリーグ]
巨人育成1位・篠原慎平、2年間登板なしから甦った不死鳥

~ドラフト指名選手紹介Vol.4~

 節目の10シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は4選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。東京ヤクルト4位の寺田哲也(香川)と、東北楽天5位の入野貴大、中日8位の山本雅士(ともに徳島)、巨人育成1位の篠原慎平(香川)である。NPBでのさらなる飛躍が望まれる指名選手から、今回は篠原のアイランドリーグでの成長ぶりを紹介する。

「僕は1度、死んだ身」

入団発表では「1日でも早く東京ドームで投げられるように頑張る」と宣言した。

 11月23日、東京ドーム。ファン感謝イベントのジャイアンツ・ファンフェスタ内で行われた入団発表。篠原は「001」の背番号がついた巨人のユニホームを満員のファンの前でお披露目した。

「いや~、しびれました」
 念願のNPBのユニホームに袖を通した感想を篠原はこう表現した。短い言葉ながら、そこには紆余曲折を経て、ようやくたどり着いた舞台への万感の思いが凝縮されていた。

「僕は1回、死んだ身だと思っています。今の僕は新しい自分なんです」

 そこまで言い切るほど、彼の野球人生は波乱万丈である。速球派右腕として、愛媛・川之江高では2年夏にベスト4。甲子園出場、そしてプロ入りを期待されながら、部内の不祥事に巻き込まれ、高校を中退せざるを得なくなった。

 それでも野球を続けたいと、地元球団の愛媛へ。1年目(2008年)から19試合で4勝3敗、防御率3.36の成績を残し、チームは後期優勝を果たす。高校時代から注目されていた右腕だけに、NPBのスカウトは篠原をマークしていた。

 だが、ここでルールの壁が立ちはだかる。NPBから示された「独立リーグ選手に関するドラフト会議での扱い」にある「高校を中退した選手は3シーズン経過しないと対象とならない」との規定だ。高校中退扱いの篠原は3年間、リーグでNPB入りを待たなくてはならなかった。

指名目前の右肩故障

 指名対象となる3年目、篠原は順調なスタートを切る。開幕前のNPB2軍戦でも好投をみせ、公式戦では5月までに完封勝利を含む3勝をあげた。ところが……。篠原はこの頃から肩に痛みを感じるようになっていた。

「それまでは野球をやっていて大きなケガをした経験がありませんでした。NPBに行ける手応えがあったので、離脱して評価を下げたくない。痛いとは言っていられなかったんです」

 しかし、痛みはどんどん増していく。ついには10メートルもボールが投げられなくなった。無念の戦線離脱。いろいろ手を尽くして早期復帰を模索するも、状況は好転しなかった。熱視線を送っていたスカウトたちは潮が引くように姿を見せなくなった。

 病院での診断結果は右肩関節唇の断裂。斉藤和巳(元福岡ソフトバンク)ら多くのピッチャーを引退に追い込んだ重傷である。
「手術をしても投げられるかどうかわからない。でも、手術をしなきゃ投げられない。それなら、やるしかないと決心しました」

 この年のオフ、篠原は右肩にメスを入れる。やっと苦しみから解放される――。その望みは手術後、儚くも打ち砕かれた。むしろ、手術は苦難の序章に過ぎなかった。