[ボクシング]
杉浦大介「2014年のFighter of the Year(年間MVP)は誰か」

 2014年は歴史に残るようなビッグファイトは行なわれず、ボクシング界全体がやや盛り上がりに欠けた感は否めなかった。現役最強を欲しいままにするフロイド・メイウェザーも、マルコス・マイダナとの2度の対戦では衰えを隠し切れなかった。ただ、そんな1年の中でも、特筆すべき実績を残した王者、知名度を一気にアップさせたライジングスターは存在する。

 2014年に最も輝いた選手は誰だったのか。多くの媒体、団体が年末に制定する年間賞発表に先駆け、今回は今年の年間MVPの行方を占ってみたい。

ホプキンスにも圧勝のコバレフ

ライトヘビー級のデストロイヤー、コバレフは全階級でも有数の実力者と目されるようになった。

セルゲイ・コバレフ/WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級王者
2014年3戦3勝2KO
セドリック・アグニュウ 7ラウンドKO
ブレイク・カパレロ   2ラウンドTKO
バーナード・ホプキンス 12ラウンド判定

 26戦全勝のアグニュウと19勝無敗1分のカパレロの2人を難なく下すと、11月8日にはホプキンスとの3団体統一戦に勝って、2014年を見事に締めくくった。
 そのホプキンス戦では1ラウンドにダウンを奪い、3人のジャッジがすべてフルマークを付ける圧勝。49歳となった老雄のキャリアの中で、これほど完璧な形で敗れたのはこれが初めてだった。

 最初の2人は無敗とはいえ全米的には無名だっただけに、トータルでの対戦者の質では後出のテレンス・クロフォードにやや劣る。それでも今年度最大級に注目されたホプキンス戦での圧倒的パフォーマンスがゆえ、このロシア出身のパンチャーを2014年最高の選手に推す米メディアは少なくないだろう。

 次は来年3月にカナダで人気者のジャン・パスカルの挑戦を受けることが決定。敵地でのファイトには常にリスクが伴うものだが、パワーだけでなく、技術、安定感、ディフェンス意識を備えたコバレフが攻撃一辺倒のパスカルに不覚を取ることは考え難い。アメリカでも全国区に近づいた通称“クラッシャー”の進撃は、来年以降もしばらくは続きそうだ。