[陸上]
白戸太朗「ベテランランナーこそホノルルマラソン!?」

虹の架かるホノルルマラソン

 12月の2週目と言えばホノルルマラソン。今年で42回目を迎えた歴史ある大会だが、毎年3万人を超える参加者で賑わいを見せ、人気にかげりはないよう だ。日本人からの人気も相変わらずで、参加者は1991年に初めて1万人を超えて以来、9.11があった2001年を除いては常に1万人上回った。もちろ ん今年も1万人を超える参加者で盛り上がった。

 ホノルルマラソンと言えば「制限時間のない、ゆるい雰囲気で行われる初心者向けマラソン」というイメージがあり、シリアスに走っている人には向かない印象がある。雑誌の特集の組み方や報道を見ても競技という色は薄く、あくまでも初心者の挑戦というタッチ。やはりここは初めてのフルマラソン向きの大会なのか。

 ランニングの専門会社であるアールビーズ社が国内ランナーに取ったアンケートでは、行ってみたい海外マラソンでのNo.1に輝いた。それも回答者の40%を超える人が「ホノルル」と答えている。ちなみに2位の大会は8%だったのだから、この差がホノルルの群を抜く人気を物語っていると思うが、この中にどのくらいビギナーとシリアスランナーがいるのかはわからない。ただ、実際の参加者属性をみていてもビギナー率が相当に高いので、やはりビギナーに人気の大会ということが言えよう。

 今年のホノルルマラソンは、天候が悪く、スタート前から雨と風に悩まされた。まぁ、気温がそれほど低くないので国内マラソンよりいいのだが、南国マラソンを想定していた参加者たちには少々試練の時間帯もあっただろう。でもその雨の中、笑顔で応援してくれる観戦者やボランティアがいた。この島はスポーツイベントが多く、住民もその受け入れは手慣れたものである。「応援を楽しむ」ということを良く知っている人々だ。

 日本国内の大会で、なかなかこの柔らかい雰囲気をつくれないのは、関わる人が心から、そして気楽にボランティアなどを楽しむ空気感を醸成できないからだと思う。近年でこそ、東京マラソンを中心にそのあたりを実現しつつあるが、それもロールモデルはホノルルマラソンであることに違いない。