ネットフリックスを超えろ! ネット放送で米国市場に挑戦するソニーの野心
Sony Computer Entertainment America 本社 〔PHOTO〕gettyimages

アメリカは世界最大のインターネット放送市場、そこでソニーの新たな挑戦が始まった。

大手映画スタジオを傘下に持つソニー・グループは11月からゲーム端末PS3、PS4を対象にしたネット放送の実験を開始した。米国ではネットフリックスフールーユーチューブなどのオンディマンド放送が大きな収益をあげ、CATVや衛星TV放送と激しい競争を展開している。ソニーは、世界最大の激戦市場をどうやって攻略するのか。今回は米ネット放送市場を俯瞰しながらソニーの挑戦を追ってみたい。

75チャンネルのブロードバンドCATV「PlayStation Vue」

ソニーがネット放送への参入を表明したのは14年1月にラスベガスで開催されたCES(国際家電見本市)だった。基調講演に立ったソニーの平井一夫社長は、テレビやゲーム端末、スマートフォンなど様々な同社製品を対象にストリーミング・ゲームやテレビ番組のオンライン配信を進める計画を明らかにした。その公約通りソニーは実験とはいえ「年内」にサービスを開始した。

11月13日に発表されたPlayStation Vueは、PS3、PS4を対象としたブロードバンドCATVサービス。現在はニューヨーク地域の招待者のみを対象とし、CBS、Viacom、Scripps Networks Interactive、NBCUniversal、Fox、Discovery Communicationsなどの有名チャンネルを含む75チャンネルで構成されている。同サービスには見逃し視聴やクラウドDVR(28日間保存可能)も含まれている。

開始時点として75チャンネルは少なくないが、ABC、ESPN、HBO、TBS、CNN、TNTなどの人気チャンネルが入っていないことは、今後の課題だ。北米におけるPS3およびPS4の利用者は約3500万で、18~35歳がメインユーザーとなっている。もし、そのうちの10%、350万加入を取ることができれば中堅CATVの規模になる。

ソニーは15年第1四半期にフィラデルフィア、シカゴ、ロサンゼルスへの拡大を計画しており、最終的に全米サービスを狙っている。米国のメディアでは、ソニーがオンライン放送で本格的に戦いを挑んでくると注目している。

NETFLIX本社 〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら