地域住民の政治参加を促す、クラウドソーシング型プラットフォーム「Civinomics」
米カリフォルニア州サンタクルーズ郡の住民参加型オンラインプラットフォーム「Civinomics」

地域の課題解決を後押しするオンラインプラットフォーム

地域住民が地方自治体に意見や要望を伝える手段としては、従来の請願・陳情のほか、パブリックコメントやタウンミーティング(対話集会)などもありますが、近年、クラウドソーシングの手法を応用し、住民が地域の課題を提起したり、行政機関の政策について議論できるオンラインプラットフォームが増えています。

米カリフォルニア州中部サンタクルーズ郡(Santa Cruz County)の「Civinomics(シビノミクス)」は、2011年8月の創設以来、地元サンタクルーズの地域課題の解決を後押しするオンラインプラットフォームとして活用されてきました。

このプラットフォームでは、住民が地域の課題を提起し、その解決策について議論し合ったり、地方公共団体や非営利団体が特定のテーマについて住民アンケートを実施したりすることができます。2012年3月には、サンタクルーズ市で長期にわたって続く水不足への対策について、Civinomicsで住民アンケートを実施し、1538名から回答を得ました

また、Civinomicsでは、登録ユーザーであれば誰でも、地域の情報や提案、意見を自由に投稿することができます。最近では、地元の警察・消防機関による緊急対応車両の購入について、その是非が議論されたり、地元の技術系スタートアップ企業や技術系人材を活用した地域振興策について意見が交わされています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら