朝日新聞「慰安婦報道」全真相!
「売国奴」と呼ばれた記者の現在---元朝日新聞記者・植村隆インタビュー (後編)

青木理著『抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心』より

【前編】はこちらをご覧ください。

元慰安婦を探して韓国へ

植村氏が語る朝日の大阪本社社会部の雰囲気は、私も通信社の駆け出し記者としてほぼ同時期、大阪社会部に在籍したことがあるから、実感としてよく分かる。

在日コリアンや被差別部落が多い大阪の社会部には、各社とも人権問題や民族問題を主に担当する記者を置いていて、その世界に精通したベテランの記者やデスクが必ずいた。近ごろはめっきり少なくなってしまったらしいが、東京の社会部にだって、大阪ほどではないにせよ、平和や人権問題を担当するデスクや記者はいたものだった。

だが、そうしたデスクや記者は、どちらかといえば社会部の中で傍流というべき存在だった。東京や大阪に限った話ではないが、社会部記者の"花形"といえば、いまもむかしも事件記者である。東京なら警視庁、大阪なら大阪府警に多数のサツ回り記者が配置され、捜査当局の動向などにかんする特ダネを抜きあうために朝回り、夜回りを繰りかえす。

特捜検察をウォッチする検察担当記者も同様だ。彼ら、彼女らが放つ事件がらみの特ダネは紙面を派手に飾ることが多く、優秀と目された記者は警察や検察担当の記者クラブに突っこまれる。畢竟、そうした者たちが肩で風をきって社内を闊歩し、人権や平和問題、市民団体などの動きを地道にフォローする者は圧倒的な少数派となってしまう。人事的な面でも冷遇される傾向が強く、最近は各社の大阪社会部でも平和や人権問題などをフォローする記者が絶滅寸前らしい。

そうした記者、デスクのひとりだった「規さん」こと鈴木規雄氏に、私は会ったことがないのだが、その勇名は大阪でも東京でもいくどとなく耳にした。

1987年5月、兵庫県西宮市の朝日阪神支局が何者かに襲撃され、散弾銃で記者が殺傷された事件をきっかけにはじまった朝日の長期連載企画「『みる・きく・はなす』はいま」を記者、デスク、部長として一貫して手がけた。戦後補償や平和問題の取材にかかわり続け、同じような仕事を志す多くの後輩記者に慕われ、東京本社の社会部長や大阪本社の編集局長などを歴任した。
 

抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心』
著者= 青木 理
講談社 / 定価1,512円(税込み)

◎内容紹介◎

朝日新聞は誤った。しかし、言論封殺的な一方的バッシング報道一色で慰安婦問題を論じてしまったなら、それは新たな誤りの始まりになりはしまいか。異様な「朝日バッシング」当事者たちの赤裸々な証言。慰安婦報道の「戦犯」と呼ばれた植村隆、市川速水、若宮啓文、本多勝一ら朝日関係者に徹底取材。問題の全真相をルポルタージュし、バッシングの背後に蠢く歴史修正主義を抉り出す。“闘うジャーナリスト”が、右派の跳梁に抗する画期的な一冊!

⇒本を購入する AMAZONはこちら / 楽天ブックスはこちら

後の節であらためて述べるように、実をいうと朝日の慰安婦問題報道も鈴木氏がキーパーソンともいえる存在だったようなのだが、残念ながら直接話を訊くことはもはやかなわない。2006年1月7日、急性骨髄性白血病のため、この世を去ってしまっているからである。まだ59歳という若さだった。

その鈴木氏が大阪社会部のデスクだった90年の夏、若手記者だった植村氏は、「元慰安婦探し」の命を受けて韓国に飛んだ。

──ところで、韓国への出張取材は、どうして植村さんが行くことになったんですか。

「僕は慰安婦問題の取材はしたことがなくて、在日韓国人政治犯の問題をずっとやっていたんですけど、韓国語もできるし、規さんは広い目で(部下を)いろいろ見ててくれたから、そういうのがあって派遣されることになったんだと思います」

──それで2週間、出張した結果は?

「空振り。釜山なんかにも行ったり、いろいろ動いてみたけどダメでした。それからしばらくして、規さんも書いてました。『窓』っていう夕刊のコラムで『記者を2週間も韓国に派遣して探したが、見つけ出せなかった』って」

調べてみると、鈴木氏のコラムは92年9月2日付の朝日夕刊にたしかに掲載されていた。植村氏を攻撃する人びとは、さまざまな角度から植村氏の取材経緯に疑心を唱え、朝日側も14年8月5日付朝刊の検証記事で反論を掲載、取材経緯などに瑕疵はなかったと主張しているのだが、こうした経過があったとするならば、問題となった91年8月11日付の記事を植村氏が、しかもわざわざ大阪から出張して書くことになった理由が、納得のいくものとして胸に落ちてくる。

植村氏へのインタビューを続けよう。

──では、91年8月11日の記事を書くことになったのは。

「当時のソウル支局長から、挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)共同代表の尹貞玉さんが元慰安婦のおばあさんの聞き取り調査をしているらしいよ、っていう話を聞かされたんです。

尹貞玉さんは韓国の慰安婦問題の第一人者なんですが、前年(90年)の夏にもお世話になってたし、支局長も僕が元慰安婦探しをしていたのは知っていましたから。だから『植村君、取材しに来たらどうかね』と声をかけられたんです」

──前年夏のことがあったのを知れば、そういう話になるのは納得できます。ただ、それでも疑問は残る。朝日のソウル支局には、当時でも支局長以外に特派員がいたでしょう。なぜ支局で取材しなかったんでしょう。

「当時の支局長は外報部の先輩だからよく知っていたし、いつも連絡を取り合っていた。当時のソウル支局は特派員2人体制だったけど、南北朝鮮の国連同時加盟問題など冷戦後の朝鮮半島問題の取材で非常に忙しかったんです。それで僕に声をかけてくれたようです。当時の支局長のメモ帳にも、尹さんから聞いた元慰安婦女性の情報が残っています」

──それで?

「それじゃあ是非行きたいっていうことで、大阪社会部はすぐに許可が出るから。ちょうど夏だし、夏の大型平和企画なんかでもできるんじゃないかということでね」

──まだ疑問は残ります。これは一種の特ダネになりうるわけでしょう。なのに、どうしてわざわざ大阪の植村さんに?

「いまになってそういうことを言われてて、僕を批判する人たちはあの記事(91年8月11日朝刊の記事)が『慰安婦問題に火をつける超重要な大スクープだった』なんて言うんだけど、当時はスクープだとか特ダネなんていう意識、ぜんぜんありませんでした。実際、ほとんど関心を呼ばなかったから」

──どういうことですか。

「朝日でも大阪本社版は社会面トップの記事になったけど、東京本社版は翌日(8月12日)の朝刊に4段の記事が掲載されただけ。僕の記事の3日後(8月14日)には北海道新聞が(当該の元慰安婦への)単独インタビューに成功して、同じ日に共同記者会見をして、韓国紙にはいろんな記事が掲載されたんだけど、この会見を毎日や読売の特派員もフォローしてないんです。

最近あらためて調べてみたんですが、全国紙だと、読売が最初に報じたのは8月の下旬。これもソウルの特派員じゃなくて、大阪の記者が書いてる。毎日が報じたのは9月に入ってから。大きなニュースだっていうなら、8月14日に記者会見をしてるんだから、その時にフォローするでしょう。

もし会見に行けなくても、次の日の韓国紙に記事が出てるんだから、転電(外国メディアの報道を引用して記事にすることを指す新聞業界用語)したっていい。でも、やってない。はっきりいって、その程度のものだったんです。どの社も大した関心を持たなかった」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら