朝日新聞「慰安婦報道」全真相!
「売国奴」と呼ばれた記者の現在---元朝日新聞記者・植村隆インタビュー (前編)

青木理著『抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心』より

今回の事態をめぐっては、一方の当事者たちの声がほとんど外部に伝えられていない。猛烈な朝日バッシングばかりが横行する中、朝日を叩く者たちの声や主張は過剰なほど喧伝され、あふれかえり、その論調に沿った形で朝日側の人びとの「言い訳じみた声」や「みじめな姿」はいくどとなく紹介されたものの、当の朝日幹部や現役記者、有力OBたちの声や反論は、まったくといっていいほど伝えられていないのである。

これは、朝日を叩く側の責だけに帰せない問題も背後に横たわっていると私は思っている。

そもそも日本は、所属する組織や団体への忠誠と帰属意識を求める風潮がきつく、メディア企業もけっしてその例外ではない。かつて大手のメディアに所属していた私にはよくわかるのだが、近年はその締めつけがますます強まっている。いつごろからのことかは判然としないものの、大手メディアに所属する記者たちは、外部で積極的に原稿を書いたり発言をしたり、そうしたことごとのハードルが以前よりずいぶん高くなってしまった。

スター記者の登場を望まないようなムードもはびこり、社の外でさまざまな活動をしたり、社の垣根を越えて幅広いメディアで発言するような記者は、どちらかといえば組織の秩序を乱す者として煙たがられてしまうケースの方が多くなっている。

これもまた、言論の自由をなによりも尊ぶべきメディア組織として大いなる問題をはらんでいるのだが、そうした風潮の中、今回の朝日バッシングが起こったせいもあるのだろう。朝日の社内ではそれなりの議論が巻き起こり、それはそれで健全なことではあると思うが、外部に向けて朝日の幹部や現役記者、有力OBなどが堂々と論陣を張るシーンにはとんとお目にかからなかった。せいぜいが朝日バッシングに便乗して奇妙な論を唱える幾人かの奇矯なOBの声が取り上げられた程度だった。

これは断じて好ましくない、と私は思う。世の大勢がひとつの方向に雪崩を打って流れた時、それに疑義をつきつけたり別の視点からの考察材料を提供したりするのもメディアとジャーナリズムの役割であると考えれば、ひたすら叩かれている側の言い分もきちんと記録され、広く伝えておかなければならない。
 

抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心』
著者= 青木 理
講談社 / 定価1,512円(税込み)

◎内容紹介◎

朝日新聞は誤った。しかし、言論封殺的な一方的バッシング報道一色で慰安婦問題を論じてしまったなら、それは新たな誤りの始まりになりはしまいか。異様な「朝日バッシング」当事者たちの赤裸々な証言。慰安婦報道の「戦犯」と呼ばれた植村隆、市川速水、若宮啓文、本多勝一ら朝日関係者に徹底取材。問題の全真相をルポルタージュし、バッシングの背後に蠢く歴史修正主義を抉り出す。“闘うジャーナリスト”が、右派の跳梁に抗する画期的な一冊!

⇒本を購入する AMAZONはこちら / 楽天ブックスはこちら

だから私は、今回の朝日バッシングの中、徹底的かつ一方的に叩かれまくった人びとを訪ね歩き、せめてその話に耳を傾け、記録し、伝えようと考えた。誰もそうした作業をしない中、叩かれた者たちの声を伝えることは、なんだか私の責務のような気分にもなっていた。

そう思い立つと、話を聞きたい人物は幾人も思い浮かんだ。しかし、真っ先に会わねばならない人物は明らかだった。まずはその人に会うため、私は空路、札幌に向かった。

植村隆氏との7時間の対話

2014年10月23日、札幌は紅葉が美しい季節を迎えていた。冬の気配がひたひたと近づき、肌に触れる空気はひんやりと冷たいが、秋晴れの青空はどこまでも澄みわたり、色とりどりに染まった公園の樹々や街路樹がまぶしいほどに輝いている。

なのに私は、憂鬱だった。これから会う人物が置かれている悲惨な状況を考えれば、ねほりはほり話を聞き出すのは決して楽しい仕事ではない。

たとえばネットで彼の名を検索すると、すさまじい罵詈雑言が次々に目に飛び込んでくる。

「国賊」「売国奴」「反日工作員」「捏造記者」「土下座しろ」「腹を切れ」「アカ」・・・。

彼への攻撃はこの程度にとどまらず、ネット上の罵詈雑言は彼の家族や高校生の愛娘にまで及んでいる。制服姿の写真や実名がさらされ、こんな書き込みがいくつも画面に浮かびあがる。

「国賊のガキ」「反日サラブレッド」「自殺するまで追い込む」・・・。

溜息しか出ない。どのような連中が、どのような気持ちで、どのような表情をしながら、キーボードを叩いているのか。

だが、ネットというヴァーチャルな空間だけの出来事なら、まだマシだといえるのかもしれない。詳しくはあらためて後述することになるが、リアルな世界でも彼への攻撃はすさまじい勢いで拡散し、彼が教員として再就職が内定していた大学には嫌がらせの電話や抗議などが相次ぎ、内定が取り消されてしまうという被害を受けた。いまは札幌の大学で非常勤講師の仕事を細々とつづけているが、この大学にも嫌がらせや抗議が寄せられ、ついには脅迫状まで送りつけられ、大学当局も頭を抱えている。

それでも私は、彼を攻撃する者たちが聞きたがっているだろうことも聞かねばならなかった。どうしようもなく低劣な罵声をネットに書き込むような連中の言い草はともかく、それなりの論理にもとづく批判や非難については、彼がきちんとした反論をできるかどうかを含め、問うべきことは徹底的に問わねばならないと思いさだめていた。憂鬱になるな、というほうが無理というものだろう。

抵抗の拠点から
著者= 青木 理

だが、札幌市郊外にあるホテルのロビーで待ち合わせた彼──元朝日新聞記者の植村隆氏は、こちらが拍子抜けしてしまうほど明るい様子で私を出迎えてくれた。

「青木さんさ、僕、性格が明るいんだよ(笑)。前向きで、あまり落ち込まない。いまでもね、みんなは『大変だ、大変だ』って言ってくれるし、客観的に見たら大変なんだけど、あまり落ち込まない。まあ、たまには落ち込むけど、何とかなるんじゃないかなっていう気がしてる」

それが本心なのか、同業の後輩である私に強がってみせているだけなのか、人の心の中を見通すことなどもちろんできはしない。ただ、長時間にわたったインタビューの途中、一度だけ植村氏が涙ぐんだことがあった。これもあらためて後述するが、涙ぐんでしまうのも当然のように私には思われた。

そんな植村氏へのインタビューは、苦境の植村氏を支援してくれているという老夫婦の居宅で行われた。

インタビュー時間は、夜の会食を交えたものを含めれば7時間以上に及び、植村氏が批判の俎上に載せられているすべてのことごとについて詳細に訊くことができた。

以下、インタビューの内容は、私の論評などとはきちんと分け、一問一答形式で順次紹介していこうと思う。記録としての重要性を担保するためだが、植村氏のことを詳しくご存じない方のために、最初に経歴を簡単にふりかえっておきたい。

1958年4月生まれ、高知県出身の植村氏は、早稲田大学政治経済学部を卒業して82年、朝日新聞社に入社した。以後、仙台支局や千葉支局、大阪本社社会部、東京本社外報部などに勤務しつつテヘラン、ソウル、北京の各地で特派員生活を送っている。

この間、外報部次長として取材班のデスク役を務めた「テロリストの軌跡 アタを追う」の連載が2002年度の新聞協会賞を受賞し、外報部を離れて北海道支社に異動後は函館支局長などを務め、14年3月をもって朝日を早期退職した。インタビュー時点での年齢は56歳ということになる。

早期退職前から教員として再就職が決まっていた大学に内定を取り消されたのは前述のとおりであり、このことについてはインタビューの中でも尋ねることになる。

その植村氏が凄惨なバッシングにさらされる原因となったのは、いまから四半世紀近くも前、大阪本社の社会部に所属していたころに書いた2本の記事であった。このうち、特に問題視されているのは1991年8月11日、大阪本社発行版の朝刊社会面トップに掲載された次のような記事である。

《 思い出すと今も涙
 元朝鮮人従軍慰安婦
 戦後半世紀 重い口開く
 韓国の団体聞き取り

【ソウル10日=植村隆】日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、「韓国挺身隊問題対策協議会」(尹貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取り作業を始めた。同協議会は十日、女性の話を録音したテープを朝日新聞記者に公開した。テープの中で女性は「思い出すと今でも身の毛がよだつ」と語っている。体験をひた隠しにしてきた彼女らの重い口が、戦後半世紀近くたって、やっと開き始めた 》

見出しとリード部分のみの引用だが、この記事は、韓国の元慰安婦がみずから口を開いたことを伝えるはじめての報道となった。批判者たちはこれを「元慰安婦の存在と証言を特ダネとしてスクープした重要記事」と位置づけ、《植村記者はある意図を持って、事実の一部を隠蔽しようとした》と主張し、記事には《事実のねじ曲げ》や《事実の捏造》があると徹底した罵声を浴びせかけてきた(たとえば東京基督教大学教授の西岡力氏ら)。

さて、細かい批判の論点についてはおいおい紹介していくこととし、そろそろインタビュー本編に入っていこう。まずは植村氏の社歴をさかのぼり、なぜ元慰安婦の記事を書くに至ったのかについて訊く。やや迂遠かもしれないが、植村氏がどのような記者生活を送り、どのような思想信条の持ち主なのかを知るのは、この問題を解析するうえで必須だと思われるからである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら