野党「三ツ星議員」は「9勝3敗」と健闘!
有権者は「星獲得議員」を国会へ送り出せたか?

「星獲得議員」の当落者数

三ツ星議員12人中9人が当選

12月14日に行われた総選挙。「三ツ星議員」でも明暗がはっきりとした。

2012年12月に行われた前回の総選挙直後の182国会から、今回の2014年12月に行われた総選挙直前の187国会までの間の国会議員の活動データを元に三ツ星で国会議員を評価。評価の対象としたのは、質問回数、質問時間、議員立法発議数、質問主意書提出数といった客観的なデータによる「量」的なものであり、この評価で三ツ星を獲得した議員は、12人だった。

今回の総選挙は、翌日の新聞各紙でも「自公勝利 3分の2維持」「自公圧勝325議席」「自公勝利3分の2維持」と報道されるなど、野党には厳しい結果となった。

NPO法人「万年野党」(会長:田原総一朗)が行っているこの「国会議員三ツ星評価」では、今回の総選挙版では、結果的に、この「三ツ星議員」12人の全てが野党議員であり、その意味では今回の総選挙は、一般的には非常に厳しい選挙になったはずだ。

しかし、この「三ツ星国会議員」12人のうち、7人が選挙区で自民に競り勝っての当選。比例でも2人当選するなど、大きな結果を残した。

今回の総選挙、自公以外で小選挙区の議席を獲得したのは63人(無所属8人含む)。

うち約1/3に当たる20人が、星獲得議員だった。

選挙戦の広報物などにも、このNPO法人「万年野党」の「三ツ星議員」「二ツ星議員」である事などを積極的に活用してくれている議員も多く、こうした評価の活用も含め、国会での活動は、一定の評価が得られる様になってきていると言えるのではないか。

三ツ星国会議員政党別選挙結果割合
拡大画像表示


選挙結果については、もちろん政党によっての影響もある。

今回の三ツ星議員、民主の中では、後藤祐一氏、階猛氏、玉木雄一郎氏、中島克仁氏、長妻昭氏、山井和則氏の6人が小選挙区、中根康浩氏、柚木道義氏の2人も比例復活と、全員が当選となった。

維新の三ツ星議員も1人、重徳和彦氏は小選挙区で当選したが、大熊利昭氏、小池政就氏の2人は、残念ながら落選。生活の畑浩治氏も落選となってしまった。

NPO法人「万年野党」では、こうして国会活動に真剣に取り組んできた国会議員を客観的に評価する事で、国会議員たちがより積極的に国会活動を行う様になればと、この「国会議員三ツ星評価」を行ってきた。

その意味では、こうして評価してきた、国会で真剣に活動してきた議員が数人でも落選していくという事は、残念に思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら