賢者の知恵
2014年12月17日(水) 週刊現代

私だけが知っている「羽生結弦の真実」 
専属コーチ、ブライアン・オーサーがすべてを明かした

週刊現代
upperline
ブライアン・オーサー氏の指導のもと、グランプリ・ファイナルを制した羽生結弦   photo Getty Images

転んでも転んでも、観客は大熱狂。それは、羽生だけが持つスター性だ。なぜ彼はここまで人を惹きつけるのか。羽生からの信頼が厚い専属コーチが、知られざる努力とその素顔を、本誌だけに語った。

私もユヅルに魅了されている

なぜ羽生は、転んでも人を惹きつけるのか、ですか?その質問は私がこれまで受けたなかで、ベストなクエスチョンですね。

才能、技術、ルックス……その答えには様々な要素があげられますが、私は彼のスピリットこそが一番の理由だと思います。

ユヅル(羽生)は、スケートが大好きなんです。その情熱には、コーチの私ですら魅了される。私は現役を引退して17年になりますが、私も彼と同じようにスケートを愛し、懸命に練習に取り組んでいた。ユヅルの演技は、その頃の自分を思い出させてくれるんです。

彼の滑りは、そういった感動を私だけでなく、すべての観客に与えている。卓越した技術があるのはもちろんですが、「スケートへの愛」、それこそが、ユヅルの演技をより魅力的なものにしているのです。

そう語るのは、ブライアン・オーサー氏(52歳)。羽生結弦の専属コーチを務める人物だ。

オーサー氏自身も現役時代は、「ミスタートリプルアクセル」の愛称で知られた名選手で、'84年のサラエボオリンピック、'88年のカルガリーオリンピックで連続銀メダルを獲得した。

'88年に現役引退した後は、プロスケーターとして各国でアイスショーに出演し、'06年にキム・ヨナと出会ったことでコーチ業へ転身。'10年のバンクーバーオリンピックではキム・ヨナが金メダルを獲得。その後、'12年から羽生結弦の指導をするようになり、2年という短期間で、'14年2月のソチオリンピックの金メダルに導く。先月20日には、自身の半生をつづった『チーム・ブライアン』(講談社)を出版した。

次ページ コーチに就いて以来、羽生の心技…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事