[サッカー]
田崎健太「日本と世界をつなぐスポーツビジネスエージェント」

~中村武彦vol.1~
LeadOff Sports Marketing GMの中村。山田卓也や広山望らの米国移籍を手掛けてきた

 2013年8月末、ニューヨーク――。
「初めまして。ようやく会えましたね」
 中村武彦が手を差し出したとき、これまで彼と顔を合わせたことがなかったことに改めて気がついた。

 中村とは幾重にも縁があった。
 彼の存在を認識したのは、FCバルセロナの国際部で働く日本人がいるという記事をどこかで見た時だった。その後、元ジェフユナイテッド市原の要田勇一の弟である章がニューヨークで働いている時、中村に世話になったと聞かされた。章は大学時代『スポーツナビ』でアルバイトしており、そこで原稿を書いていたぼくと知り合っていた。中村もまたスポーツナビでアルバイトしていたという。

 またぼくが広山望のリッチモンドの自宅に滞在している時には初めて中村と電話で話した。元日本代表の広山は2011年、ザスパ草津から米国のUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)、「リッチモンドキッカーズ」へ移籍した。その移籍を手伝ったのが中村だった。中村はバルセロナを退職した後、リードオフ・スポーツ・マーケティング(LeadOff Sports Marketing)という会社のゼネラル・マネージャーとなっていた。

 中村との距離がぐっと縮まったのはそれから2年ほどしてからのことだ。
 2013年夏、ぼくは故・伊良部秀輝の評伝『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)の取材の仕上げに取りかかっていた。ニューヨーク・ヤンキースなどメジャーリーグでプレーしていた伊良部を描くには、米国での取材は必須だった。ブラジル行きのトランジットで頻繁に降りるロサンゼルスでは協力者もおり取材を進めていたのだが、ニューヨークには殆ど土地勘がなかった。

 ニューヨークではヤンキースのジーン・アフターマン副社長、メジャーリーグ選手会顧問弁護士のジーン・オルザ、元千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタインなど、伊良部の人生にとって重要で、同時に細かな気遣いの必要な取材を控えていた。そこでぼくはニューヨーク在住の中村を頼ることにしたのだ。