[アイランドリーグ]
中日8位・山本雅士、目指せ! 山本昌 

~ドラフト指名選手紹介Vol.3~

 節目の10シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は4選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。東京ヤクルト4位の寺田哲也(香川)と、東北楽天5位の入野貴大、中日8位の山本雅士(ともに徳島)、巨人育成1位の篠原慎平(香川)である。NPBでのさらなる飛躍が望まれる指名選手から、今回は山本のアイランドリーグでの成長ぶりを紹介する。

1年目は練習生止まり

「先発、中継ぎ、抑えと経験して、それぞれの調整法も学べた」と、この1年で大きな収穫があった。

「選手登録、5勝」
 開幕前、それが山本の今季の目標だった。NPB入りは、まだ高すぎる頂だった。

 広島の安芸南高から徳島に来て2年目。しかし、ルーキーイヤーはずっと練習生として過ごした。高校時代は腰、肩を痛めて本人曰く「不完全燃焼」に終わり、「野球に集中してできる環境を」とリーグのトライアウトを受けた。合格して入団はできたものの、高校で目立った実績を残せなかった右腕が、すぐに通用するほど甘い世界ではなかった。

「体力がチームの中では一番弱い方でした。全体的な筋力アップに、柔軟性を高めること……フィジカルのベースアップが何よりの目標でした」
 本人は1年目をそう振り返る。公式戦では投げられず、ただ、ひたすらトレーニングを繰り返す日々。だが、若者は腐ることなく、土台づくりに専念した。

 迎えた2年目、下半身ががっちりした山本のボールは進化していた。ストレートの質がアップし、低めにグッと伸びる。ストレートが決まれば、カットボールなどの変化球も生きてくる。選手登録されて登板のチャンスを得ると、先発で完封勝利を収める(5月14日、高知戦)など着実に結果を残した。

「正直、どこが良くなったという自覚はなかったんです」
 山本は明かす。
「でも、ある時、僕のピッチングを撮影していただいているファンの方から、こう言われたんです。“最初の頃より、前でボールを放せているね”って。おそらく下半身を鍛えたことで、しっかり体重を乗せて投げられるようになったんだと思います」

 できあがった土台の上に実戦経験というレンガを積み上げ、前期途中からはリリーフで勝ちパターンの一翼を担い、優勝に貢献した。そして7月、リーグ選抜の一員に選ばれ、関東でのフューチャーズ(イースタンリーグ混成チーム)戦に登板する。これが山本にとってNPBのバッターと対戦するのは初めてだった。

 結果は2回無失点。
「確かにアイランドリーグと比べればバッターのレベルは高いと思いましたが、ちょっと手応えをつかみましたね」