特集 17年度にも本格的に導入目指す 国交省
老朽化進む橋・トンネル・ダムの点検、応急復旧[インフラ・ロボ]

橋やトンネル、ダムなどの点検や災害の応急復旧などを、人に代わって作業するインフラ用ロボットの技術開発が進んでいる。インフラの老朽化が深刻になり、地震や風水害のリスクが大きくなっている一方で、メンテナンス担当の自治体職員や技術者の不足が問題になっている。次世代社会のインフラを守るために効率・経済性と安全面で優れるロボットへの期待は大きい。国土交通省は企業や研究機関が開発したロボットが、現場で活用できるかなどの検証をしたうえで、2017年度に本格的に導入し、運用を始める方針だ。

11月17、18の両日、東京都八王子市の新浅川橋下の浅川河川敷で、橋の維持管理部門のインフラ用ロボットの現場検証が行われた。同省の募集に研究機関などが応募した中から選定された点検用ロボットについて、人に代わってどの程度の作業ができるか、課題は何か、などを調べるのが目的という。

広島市のルーチェサ―チが開発した6枚ローターの橋点検用飛行ロボット=東京都八王子市の新浅川橋下の河川敷で11月17日

同省が示した橋の点検要領は、橋桁の腐食、亀裂、破断、防食機能の劣化や、車や人などが通る部分を支えるコンクリートの床版のひび割れ、鉄筋の露出、漏水があるかを目で確認する目視検査と、橋桁のボルト・リベットの緩みや床版の浮きなどをたたいて調べる打音検査を行うこととなっている。これらの要領に従ってロボットが安全で効率的な作業が可能か、さらにコスト面ではどうか、などについて大学教授や建設コンサルタント、研究員らの専門家で構成する現場検証委員会のメンバー14人が9社・機関が開発した9件のロボットをチェックした。

17日の検証で目を引いたのが、四つのローターを持つマルチコプターの周りを直径90センチの球形に組んだカーボン製の骨格で覆った飛行型ロボット。東北大が宇宙技術振興財団などと開発したもので、ラジコン操作で橋桁下の狭い部分に入っての飛行中に、コントロールミスで鉄骨などに衝突してもカーボンの骨格が本体を保護する仕組みで、本体にはLEDフラッシュ付きのカメラを搭載し、目視点検を行うという。