「文章力は、伝達力の基本」
【第11回】とにかく一文を短くする

〔PHOTO〕gettyimages

【第10回】はこちらをご覧ください。

主語と述語の関係を明確に

「わかりやすい文章」を書くために、「わかりやすい文章構造」で書くことが不可欠です。その「わかりやすい文章構造」のつくり方について、ここまでで説明してきました。

ただ、文章構造がわかりやすくても、一文一文がわかりづらければ、「わかりづらい文章」になってしまいます。

当たり前ですが、一文一文を、わかりやすく、伝わりやすく書かなければいけないわけですね。そのために、まずすべきことは、「主語と述語を明確にすること」です。具体的には、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「した」を、明確に、しかもすぐに分かるように書かなければいけないのです。

ここで、多くの方が疑問に思うのは、「どうすれば主語と述語の関係が明確になるのか」です。今回はそれをお伝えします。

ポイントは

「とにかく短い文章にする」
「伝えたい内容を直接的に書く」

です。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら