サッカー
Jリーグのレベル低下と日本サッカーの強化について
〔PHOTO〕gettyimages

Jリーグのレベルは低下しているのではないか

2014年のJ1リーグは、最終節に優勝が決まるドラマティックなフィナーレとなりました。J1復帰初年度でリーグを制覇したガンバ大阪には、心から拍手を贈りたいと思います。

しかしながら、日本サッカーに関わる者のひとりとして、見逃せない現実があります。

優勝したガンバ大阪の勝点は63でした。J1リーグと同じ18チームの2回戦総当たりで行われるドイツ・ブンデスリーガの13-14シーズンに当てはめると、勝点63は4位です。同じシーズンのオランダ・エールディビジでも、優勝には届きません。3位タイです。

リーグ戦の優勝の目安は、試合数の2倍と言われます。34試合なら68です。J1リーグの優勝争いは最終節までもつれましたが、ハイレベルの競争が繰り広げられたとは言えないでしょう。

ガンバ大阪の得点源を担ったのは、ブラジル人フォワードのパトリックでした。シーズン途中の7月に加入した彼は、宇佐美貴史に次いでチームで2番目に多い9得点をマークしました。ナビスコカップ決勝でも2ゴールを叩き出し、MVPに輝いているし、Jリーグのベストイレブンにも選出されています。

では、2014年のJリーグで主役級の活躍を見せた彼は、ブラジルでどれほどの実績を残してきたのか---。母国ではほぼ無印の存在です。名門クラブでキャリアを積んできたわけではありません。超一流とは言えない外国人選手が優勝の原動力となったところに、私は危うさを感じます。Jリーグのレベルが低下しているのではないか、との疑念を抱かずにはいられません。

アジアのクラブチームが覇を競うAFCチャンピオンズリーグで、Jリーグ勢はベスト8に1チームも勝ち残ることができませんでした。横浜F・マリノスがグループステージで敗退し、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレはラウンド16で姿を消しました。

ラウンド16まではアジアを東西に分けて戦うため、実質的に日本、韓国、中国、オーストラリアによる争いです。そのなかで、Jリーグのクラブはベスト8に1チームも送り込むことができなかった。ライバル3ヵ国の後塵を拝した。Jリーグの質の低下を、ここでも読み取ることができます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら