[裏方NAVI]
川北元(全日本女子バレーボールチーム戦術・戦略コーチ)<前編>「既成概念破りの“ハイブリッド6”」

 全日本女子バレーボールチームは、2012年ロンドン五輪で28年ぶりの表彰台となる銅メダルを獲得した。しかし、それは道半ばに過ぎない。なぜなら、全日本女子が目指しているのは、1976年モントリオール五輪以来となる、金メダルだからだ。

 ロンドンから約2年。この間、全日本女子は常に進化し続けてきた。昨年のワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)で披露されたのは、ミドルブロッカーを通常の2枚から1枚にした「MB1」。さらに今年、その進化系として世界を驚かせたのが「ハイブリッド6」だ。果たして「ハイブリッド6」とは、どんなシステムなのか。そして、それによって全日本女子が目指すバレーボールとは――。戦術・戦略コーチを務める川北元に訊いた。

進化の序章「MB1」

「得点力をアップする」――すべてはそこから始まったという。
「MB1もハイブリッド6も、ミドルブロッカーを減らすという考え方ではなく、どうすれば日本の攻撃力に厚みを持たせることができるか、と考えた結果の戦術なんです」
「MB1」や「ハイブリッド6」の考え方について、川北はこう説明する。

「課題は(ミドルブロッカーによる)センターの攻撃を、いかに機能させられるかにある」
 過去、全日本女子の監督や選手から、幾度となく聞かれた言葉だ。高さでは海外にどうしても劣る日本にとって、センター線の攻撃力をいかに高めることができるかが、大きな課題となっていたことは紛れもない事実であろう。

 そこで編み出されたのが、得点力の高い選手をひとりでも多く起用するため、これまで2枚が常識とされてきたミドルブロッカーを1枚にして、サイドから攻撃するウィングスパイカーを3枚から4枚に増やした新システム「MB1」だった。そして日本は、昨年11月のグラチャンで2001年以来3大会ぶりとなるメダル(銅)獲得という結果を出したのである。

「MB1」を練習で取り入れて約1カ月半でのメダル獲得に、確かな手応えを感じたに違いない。だが、それがそのままリオでの金メダルにつながるとは思えなかったこともまた事実だろう。日本は、ロンドン五輪金メダルのブラジルにはストレート、同銀メダルの米国にはセットカウント1-3で敗戦を喫していた。

 大会最終日、眞鍋政義監督はこう語っている。
「今後もMB1を続けるかどうかは、これから考えていきたい。ルール的にも従来の布陣がベストだとは思うが、実際日本のミドルブロッカーは世界と比べて得点が少ない。一方で、(ミドルを少なくすれば)ブロックはどうするのかということもある。ミドルブロッカーを1人にするのか、2人に戻すのか。それとも3人に増やすのか、ゼロにするのか……今の段階では、まだわからない。今大会をしっかりと検証していきたい」
「MB1」は、リオに向けた進化の始まりに過ぎなかったのである。