日本人一人ひとりが行動を起こすために、「頭を前向きにする習慣」を! (第2回)
〔PHOTO〕gettyimages

即断即決し、行動する習慣

前回に続き、『頭を前向きにする習慣』についての第2回をお送りする。

「考えるのが苦手、面倒だとか、気分がもやもやするのでうまく結論が出せない」という方は多いと思うが、拙著『ゼロ秒思考』でお勧めしているA4メモを毎日10ページ以上書き続けると、頭が常に整理され、もやもやしなくなり、すぐ結論を出せるようになる。

具体的には次のようなタイトルでメモを次々に書いていく。

・自分は今、何が気になっているのか
・なぜもやもやするのか
・何が一番嫌なのか
・どうすればやる気が出るのか
・今、何が問題でどう対処すべきなのか
・このプランのメリット・デメリットは何なのか

頑張って結論を出してみるとよくわかるが、何事に対しても、すぐ結論を出すか、結論を引き延ばすかは本人の「決め」と「習慣」の問題のことが多い。

「決め」というのは、「ある程度情報収集をし、検討もしたら、気にし過ぎずに決めてしまおう」という意味だ。結論を先延ばしにすることで精度が上がることはあまりない。先延ばしにすることで、対応が遅れて問題が大きくなったり、無為な時間を過ごしたりするだけだ。「精度を上げるため、結論を持ち越す」というのはただの逃げに過ぎないことが多い。

「習慣」というのは、「ある程度情報収集をし、検討もしたら、即座に決定して行動に移そう」とか、慎重にしたいことは「結論を出しても一晩寝て、翌朝に決定しよう」とか、自分としての決定パターンを作り、ある程度それにならうようにする、ということだ。これがないと、その時の気分でだらだら引き延ばしたり、思い付いたように動いたりする。習慣化できるものはできるだけ習慣化する方がよい。その方が余計な気を遣わず、淡々とかつ確実に進めることができる。
 

頭を前向きにする習慣』
著者= 赤羽雄二
幻冬舎エデュケーション新書 / 定価840円(税込み)

◎内容紹介◎

「成長し昇進するか、会社を辞めるか」---常にその選択を迫られるマッキンゼーでのハードな仕事を支えたのはA4一枚の「メモ書き」だった!
●A4の紙1ページに、1件の課題を書く
●1ページ1分以内で書き切る
●頭に浮かんだ感情も、洗いざらい書き出す
瞬時に課題を認識・整理・解決、そして意思決定まで進める「ゼロ秒思考」を鍛えれば、頭も気持ちも軽くなり、考えが明確になる。マッキンゼーで14年間活躍した著者が行きついた、人生に好循環を起こす画期的思考法!

⇒本を購入する AMAZONはこちら / 楽天ブックスはこちら

結局、自分で結論を出すことは、本当はむずかしい話でも何でもない。これまで他人に依存していた人でも、一度自分で結論を出すようにしてみると、実はこの方がよほどすっきりすることがわかる。自分でまず結論を出し、それから重要度と必要度に応じて、周囲に相談して進める習慣を身につけると、気分が断然いいし、もっと好循環になっていく。

「慎重に検討する」「時間をかけて検討する」というと一見よさそうだが、実は「検討の時間がただ長い」とか、「検討のスピードが遅い」とか、あるいは「検討に着手するまでの段取りに時間がかかる」とかで、実際の検討の質が高いわけではない。

そんなことに時間をかけるくらいなら、「さっさと情報収集し、決断し、実行してみて、それで違っていたらすぐ修正する」というやり方がよほど健全だし、前に進みやすい。情報収集から実行までの時間が短いので、古い情報に基づいて時期遅れのやり方をしてしまうリスクを減らすことができるし、同じ時間内でPDCAを何度か回すこともできるので、ミスにすぐ対応したり、急速に改善したりすることができる。

いったん決定したら、ぐずぐずせず行動に移すのがよい。どうしても、

・やろうと決めたのに、躊躇して何度も止まってしまう
・やろうと決めたのに、こわくなって少ししかやらなかった
・やろうと決めたのに、こわくなって途中で前に進めなくなった

などをしがちだが、これはまずい。行動直前に躊躇すれば当然、準備不足や初速不足、完成度の低さ等により失敗する可能性が高い。

決めたことに対して迷うのは、重大な疑問があるからというよりは、特に疑問はないものの、「決めて行動する」ことに慣れていないだけだ。何度かやっていれば慣れる。躊躇しても何もいいことがないと気づく。慣れの問題だけで迷い続けるのはもったいない。「決めたら行動」「決めたらまず動く」というだけのことで、習慣化してしまえば、どうっということはない。できる人はこういう切り分けが非常にうまい。

「行動する習慣」を身につけるのは、実はそれほどむずかしいことではない。ちょっとしたことだ。自転車に乗るよりも簡単かも知れない。自転車に乗るにはバランスを取るとか、足を動かしながら手でハンドルやブレーキを操作するとか、かなりの統合的なスキルが必要だが、「行動する習慣」はほとんど「決め」と「慣れ」の問題だ。腹をくくれば意外に誰でもできるようになる。

考え方としては、

・一度きちんと検討して決めたことは、あれこれ迷わず行動する
・検討して決めたことだし実行してみなければわからないから、まず実行することにする
・ここまではともかくやってみる、という目標地点を決めそこまで邁進する
・過剰に神経質にならないよう、信頼できる相談相手を2~3人確保し、気持ちが安定するまで相談する

というようなことになる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら