[ボクシング]
近藤隆夫「『リゴンドーvs.天笠』一体、どうなる?」

30、31日で8試合の世界戦

井上尚弥、拓真兄弟はオマール、ネストールのナルバエス兄弟との兄弟対決が組まれた。

 毎年、この季節になると想うことだが、1年が過ぎるのが本当に速い。アッという間に師走だ。
 例年通り、今年も12月は格闘技シーズンとなる。年末に向けて総合格闘技、プロボクシングのビッグイベント開催が続々と発表されている。気分が盛り上がらぬわけがない。

 中でも目を引くのが、30日、大晦日のプロボクシング世界戦ラッシュ。なんと、この2日間で日本において8試合もの世界タイトルマッチが行われることになったのだ。

 まずは12月30日、東京体育館での『ボクシングフェス2014 SUPER BOXEO』、フジテレビ系にて中継。
▼WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 
オマール・ナルバエス(王者・アルゼンチン)vs.井上尚弥(挑戦者8位・大橋)
▼WBC世界ライトフライ級王座決定戦
ペドロ・ゲバラ(1位・メキシコ)vs. 八重樫東(3位・大橋)
▼WBC世界ライト級王座決定戦
ホルヘ・リナレス(1位・ベネズエラ)vs.ハビエル・プリエト(2位・メキシコ)
 ここに村田諒太(帝拳)vs.ジェシー・ニックロウ(米国)のミドル級ノンタイトル戦も加わる。

 翌日の大晦日はダブル興行。

<大田区総合体育館、テレビ東京系にて中継>
▼WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
内山高志(王者・ワタナベ)vs.イスラエル・ペレス(挑戦者8位・アルゼンチン)
▼WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
河野公平(王者・ワタナベ)vs.ノルベルト・ヒメネス(挑戦者5位・ドミニカ共和国)
▼WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
アルベルト・ロセル(王者・ペルー)vs.田口良一(挑戦者8位・ワタナベ)

<大阪ボディメーカーコロシアム、TBS系にて中継>
▼WBA&WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
ギジェルモ・リゴンドー(王者・キューバ)vs.天笠尚(挑戦者WBAフェザー級11位、WBO同級9位・山上)
▼IBFミニマム級王座決定戦
高山勝成(3位・仲里)vs.大平剛(6位・花形)
 加えて井岡一翔(井岡)vs.ジャン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)のノンタイトル戦も行われる。