日本人一人ひとりが行動を起こすために、「頭を前向きにする習慣」を! (第1回)
〔PHOTO〕gettyimages

日本人が前向きに考え、行動する習慣を身につけるために

円安と株価高で、自動車・電機など一部の大企業は非常に業績がよいが、製造大企業の多くと、中小企業はその恩恵に与からず、かなり苦しい戦いを強いられている。

給与水準も上がらないし、正社員は減る一方だ。いったん正規雇用を外れると、一生厳しいことになる。女性の貧困層も増えている。もちろん、年金制度は完全に破綻しており、多くの人にとって生活の保証は全くない。人口は急激に減り、高齢化が加速している。

日本への危機意識から、1年前に『ゼロ秒思考』を上梓した。一人ひとりが思考停止になりがちで、危機に対して十分な対処ができていないと思ったからだ。幸い好評を得て、7万部を突破した。

もう一歩踏み込んで、今回、「日本人がなぜグローバルに活躍できないのか」「なぜあまり考えないのか」に踏み込み、「どうすれば日本人が前向きに考え、行動する習慣を身につけていくことができるのか」を考え抜いて、『頭を前向きにする習慣』として出版した。

その骨子を今回から3回にわたってご紹介したい。

頭を前向きにする習慣』
著者= 赤羽雄二
幻冬舎エデュケーション新書 / 定価840円(税込み)

◎内容紹介◎

「成長し昇進するか、会社を辞めるか」---常にその選択を迫られるマッキンゼーでのハードな仕事を支えたのはA4一枚の「メモ書き」だった!
●A4の紙1ページに、1件の課題を書く
●1ページ1分以内で書き切る
●頭に浮かんだ感情も、洗いざらい書き出す
瞬時に課題を認識・整理・解決、そして意思決定まで進める「ゼロ秒思考」を鍛えれば、頭も気持ちも軽くなり、考えが明確になる。マッキンゼーで14年間活躍した著者が行きついた、人生に好循環を起こす画期的思考法!

⇒本を購入する AMAZONはこちら / 楽天ブックスはこちら
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら