FORZA STYLE的ギフトガイド
〜贈ってうれしい、貰ってうれしい贈り物〜 第3回

年の瀬も押し迫ってきたこの季節、目前にはクリスマスや忘年会、さらには新年会までと、イベントや年中行事も目白押しです。2014年の締めくくりをきちんと迎えるためにも、大切なパートナーやいつもお世話になっている上司、可愛い後輩などに対して、心から喜んでもらえるギフトを贈りたいですし、そんなギフトをさりげなくプレゼントできる男こそ、フォルツァスタイルが提唱する、知的でセクシーな知色人(ちしきじん)なのです。

最後は、1年頑張った自分へのご褒美に相応しいメンズ小物を、フォルツァスタイルが独自の視点で選びました。お手頃なものは、思い切ってパートナーにおねだりしても良いかも。冬のボーナスを奮発しても後悔させない、クリスマスを彩る素敵なセルフギフトの数々を紹介していきます。第2回はコチラ。 

ジュエリーは永遠に愛せるスタンダードなものを

<左>レイ アダカイ(Ray Adakai)「ターコイズバングル」¥56,000(+Tax)/<右>ノーバード ペシュラカイ(Norbert Peshlakai)「バングル」¥58,800(+Tax)(伊勢丹新宿店メンズ館)

1年の締めに買うジュエリーは、シーズナブルなものより、できれば翌年もそれ以降も永年愛用できる、普遍的なものを選びたいところ。そこでお勧めしたいのが、歴史的背景をもったインディアンジュエリー。ゴツゴツしたものより、細身な作りの方がモダンで大人が持つのに相応しいですね。レイ アダカイもノーバード ペシュラカイも、どちらもナバホ族を代表するアーティスト。重ねづけもお勧めです。

防寒小物はいつもと違った目線で選んでみる

シグニフィカンス(Significance)<左>「パッチワークイヤーマフラー」¥10,000(+Tax)/<右>「ブラックイヤーマフラー」¥9,000(+Tax)(伊勢丹新宿店メンズ館)

マフラーや手袋など、冬を代表する防寒小物は数多くありますが、いつもとは違うアプローチで選んでみるのも一興ではないでしょうか。そのひとつがこのイヤーマフラー。着こなしのアクセントになることも請け合いです。左は奄美大島伝統染色泥染めを用いた市松柄パッチワーク、右は日本古来の伝統技法である「なめし」と「漆喰」の技術を融合させた姫路黒桟と、どちらも日本の伝統技術を身近に感じられる逸品。値段的にもお手頃なので、おねだりするのにも最適です。

定番のサングラスは冬ならではの素材選びで楽しむ

レイバン(Ray-Ban)「ウェイファーラー デニムモデル」各¥28,000(+Tax)(伊勢丹新宿店メンズ館)

大人の男性にとってサングラスは、冬場でもドライブや冬の紫外線対策など、欠かすことのできないアイテム。フォルツェスタイルでは、迷わずレイバンの「ウェイファーラー」を推したいところですが、冬ならではの“遊び”を加えてこそ、知色人。このモデルは通常のそれとは違い、デニム地で仕上げられているのが特徴。こんな茶目っ気あふれるモノ選びも、ギフトならではだと思います。

ハレの日に履くスニーカーには、こだわりの1足を

ダーミ(DAMI)「ブラッククロコシューズ」¥180,000(+Tax)(伊勢丹新宿店メンズ館)

今、巷で人気のスニーカーはスポーティな印象が強く、ともするとカジュアルで若作りしているように見えがち。せっかくなら年末のご褒美に奮発してみるのはどうでしょう。ダーミの新作は、アッパーにラバーコーティングをしたクロコ<ゴンマート>を使用。マットな質感なので華美になり過ぎず、普段のスタイルに合わせても遜色なくまとまります。トゥは細身なため、スタイリッシュさも兼備。年齢を重ねても色気を失わない、そんな1足こそ大人の余裕の象徴であり、上質なものをさりげなく身につけてこそ知色人なのです。

冬からはじめてみる大人のスキンケア

イソップ(Aesop)「レザー」¥9,000(+Tax) フェブラス フェイス クレンザー(100mL)/ポストシェーブ ローション 43(60mL)/コリアンダー ボディクレンザー(200mL)(伊勢丹新宿店メンズ館)

スキンケアも大人のたしなみ。40歳という年齢も過ぎたのであれば、きちんとケアすることをお勧めします。イソップのギフトキット「レザー」は、その箱のルックスから男心をそそられるはず。しかも、日々のお手入れに必要なものがすべて入っているため、初めてトライする人や無精な人にも最適。マイルドで優しい洗い心地のフェイスクレンザー、リッチな潤いを与えてくれるローション、首からつま先まで爽快にしてくれる低発泡性のボディクレンザー。パートナーとお揃いで、同じブランドを使ってみるのも良いかもしれません。

1年間のご褒美だからこそ、奮発してみたり冒険したりするのに良い機会。そこからいつもと違う自分が見えてくるかもしれません。そんな風に年末を楽みながら買い物できるのも、品揃えや選択肢が豊富な伊勢丹新宿店メンズ館の、魅力ではないでしょうか。

Photo:Yasuhisa Takenouchi
Text:Shun Inoue

伊勢丹新宿店メンズ館
03-3352-1111(大代表)
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/index.html