[アイランドリーグ]
楽天5位・入野貴大、7年で実らせた果実

~ドラフト指名選手紹介Vol.2~

 節目の10シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は4選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。東京ヤクルト4位の寺田哲也(香川)と、東北楽天5位の入野貴大、中日8位の山本雅士(ともに徳島)、巨人育成1位の篠原慎平(香川)である。NPBでのさらなる飛躍が望まれる指名選手から、今回は入野のアイランドリーグでの成長ぶりを紹介する。

ラストチャンスに賭けた移籍

「スピード、コントロール、変化球、すべての面でレベルアップさせたい」と楽天での決意を語る。

 桃栗3年柿8年といわれるが、入野は四国の地で7年かかって果実を実らせた。

 高知県出身で岡豊高時代はピッチャー兼ショート。チームの4番を打ち、高知県選抜に選ばれたこともある。広島県のプロ育成野球専門学院を経て、トライアウトに合格し、愛媛に入団したのは19歳の時だった。

 愛媛では主にリリーフとして1年目から毎年30試合以上に登板。2011年には半数を超える41試合に登板して防御率1.74の好成績を残した。細身の体ながら、キレのいいストレートを投げ込み、ドラフト指名は、あと一歩のところまで近づいてきた。

 しかし、その年も翌年もNPBからの誘いはなかった。
「何かを変えないといけない」
 入野は環境を変える決断をする。それが徳島への移籍だった。ピッチャー出身の島田直也監督(来季より横浜DeNA2軍投手コーチ)の下、NPBへのラストチャンスに賭けた。

「技術は愛媛の頃と大きく変わっていないと思います。変わったとすれば気持ちの面でしょうね」
 そう入野は徳島での成長を自己分析する。横浜、ヤクルトでリリーバーとして活躍した指揮官は、選手たちに「練習から試合を想定して取り組む」ことを徹底した。
「投内連係の練習でもミスをすると、すごく怒られました。“練習でやったことしか試合ではできないんだ”と」

 いかに意識を高くして日々を過ごすか。入野は徳島に来てからトレーニングはもちろん、食生活も改善した。決して多くはない給料の中から、栄養のバランスを考えて、体にいいものをたくさん食べた。栄養が不足する部分はサプリメントで補った。「体重は変わっていませんが、体幹は強くなりました」と本人は明かす。