[アイランドリーグ]
高知・梶田宙球団社長「10年プレーした場所へ恩返しを」

引退決意した骨折

 今季限りで現役を引退し、球団社長に就任することになりました。打診があったのは引退セレモニーが行われた9月13日の試合前。背番号「0」を永久欠番にしていただく話とともに、「社長をやってみないか」と言われました。

「冗談でしょう。ムリです」
 1度は断ったものの、シーズン終了後、改めて北古味鈴太郎オーナーとの食事の席で「社長をやってほしい」と頼まれ、真剣に考えることになりました。

 振り返れば10年間、高知にほとんど縁もゆかりもなかった僕がプレーを続けられたのは支えてくださったファンやスポンサーの皆さんのおかげです。野球しか知らなかった若造が、高知の皆さんと触れあう中で人間として成長させてもらえました。

 NPB行きで恩返しできなかったのは残念ですが、個人的にはそれ以上のものをいただけたと感謝しています。その高知に球団社長というかたちで良いのであれば恩返ししよう。そう決心し、最終的には引き受けることになりました。

 今季で在籍10年になりましたが、皆さんに応援していただけるなら、まだまだ現役を続けるつもりでした。しかし、近年はケガも増え、今年は腰のヘルニアも発症してしまいました。それでも期待に応えようとプレーしていたものの、8月の試合で死球を受け、右手人指し指を骨折。その瞬間、張り詰めていた気持ちもポッキリと折れた気がしました。

「もう無理かな……」
 そう思い始めると、10年がちょうどいい区切りのようにも感じられてきました。引退の決意を伝えると、球団にはセレモニーの場を設けてもらいました。試合当日にはたくさんのファンの方が球場に詰めかけてくださり、本当に幸せでした。

 欲を言えば、ヒットを打って皆さんに喜んでいただきたかったのですが、結果は4打数0安打。相手ピッチャーも気を遣って打てる球を投げてくれたのにヒットにできませんでしたね(苦笑)。残念ながら選手としては限界だったと言うことでしょう。ある意味、踏ん切りがつきました。