ジョホールバルの名門インターナショナルスクール「マルボロカレッジ」の魅力
マルボロカレッジ・マレーシア校(以下すべてマルボロカレッジの写真)

成績優秀者でも合格がむずかしいGEPクラス

前回のコラムで、シンガポールのローカル校の教育制度の1つとして天才児認定プログラムである「GEP(Gifted Education Program)」を紹介しました。先日、知り合いの日本人の方と食事をしていると、ちょうどこのお子さんがGEPに認定されたという話を聞きました。

この方は、7~8年前にシンガポールに移住し、最初はお子さんをインターナショナルスクールに通わせていましたが、ローカル校の中でもGEPクラスを擁する名門校に転校させました。その学校では1学年に10クラス以上あるらしいですが、成績優秀なトップの3クラスに選ばれていて、今回4年生になったのでGEPの試験を受けました。優秀なローカル校のさらに成績優秀クラスでも、30~40人のクラスメイトからGEPに選ばれたのは3~4名らしく、いかに合格するのがむずかしいのかがわかります。

次の学年からは、GEPに認定された子供だけのクラスで授業を受けます。この知人のお子さんはそのまま同じ学校のGEPに通うようですが、GEPに選ばれたけれども、いま通っている学校にGEPクラスがない場合は、5年生から転校することになります。このお子さんは学業だけでなくスポーツも優秀ですが、他校からも優秀な生徒が集まるGEPクラスでどのように成長していくのか楽しみです。

ただ、この知人の方はシンガポールの教育が学業に偏っていることに懸念を抱いており、先々は英国の名門ボーディングスクール(寮制の学校)に転校させることも考えているようです。前置きが長くなりましたが、今回は、シンガポールに隣接したマレーシア最南端の都市・ジョホールバルに位置する英国の名門ボーディングスクールである「マルボロカレッジ」について紹介します。