雑誌
12・13 総選挙前日に中国漁船が尖閣急襲 そのとき、対処できるのか「南京大虐殺」抗日記念日に備えよ

われわれは島国の視点で物事を考えがちだが、隣に日本の領土を虎視眈々と狙っている大敵がいることを片時も忘れてはならない。総選挙前日の12月13日、恐るべき「Xデー」がやってくる—。

選挙などやっている場合か

「安倍首相が12月14日に総選挙を行うと決定したことに、戸惑っています。先の北京APEC(アジア太平洋経済協力会議)では、安倍首相と習近平主席が、互いに嫌々ながら握手しましたが、その後も中国の反日攻勢は日増しに高まっています。それが頂点に達するのが12月13日だというのに、日本は呑気に選挙などやっている場合なのでしょうか」

こう懸念を示すのは、上海の日本総領事館に勤務する日本人外交官だ。

12月13日—この日は、中国人なら誰でも知っている南京大虐殺の屈辱の記念日である。中国は、1937年のこの日を中心に、日本軍によって30万以上の無辜の市民が虐殺されたと主張。'85年に南京郊外に大虐殺記念館をオープンさせた。日本軍に虐殺された中国人の遺骨で造ったという「300000」のモニュメントや、「中国人100人斬り」を競い合う日本兵の記事などが大量に展示されている。

習近平主席の「鶴の一声」で、今年からこの日を、13億の全国民で哀悼する「国家公祭日」に指定した。冒頭の外交官が続ける。

「大虐殺記念館は現在、改装中で、12月13日に大々的にリニューアルオープンし、国家規模の記念式典を準備中です。習近平主席は今年3月にドイツで、日本軍が南京で30万人以上大虐殺したと呆れた反日演説をぶちました。今度はこの式典にも参加し、再度日本を糾弾する演説を行うのではと、われわれは警戒しているのです」

実際、習近平主席の主導で、すでに中国国内では「不穏な動き」が起こっているという。

「南京での日本軍の残虐性を説いた『血火記憶』という本が小中高校の副読本に指定されたり、『南京1937』というマンガの版権を世界中に売るようにと、共産党中央から指令が出ています。

江蘇ラジオでは11月17日から、『生存者の証言』と題した、虐殺から生き延びたという30人の老人たちへの連続インタビューを放送しています。『鬼っ子』(日本軍人)が南京の若い女性を強姦して妊娠させ、彼女のはらわたを割いて胎児を殺したとかいう、日本人としてはにわかに信じがたい話が連日、放送されているのです」(同日本人外交官)

こうした習近平政権の国を挙げた宣伝攻勢によって、中国のインターネット上では、

〈いまこそ日鬼を撃滅せよ!〉

〈国辱日に日本へ復讐せよ!〉

といった過激な書き込みが相次いでいる。

2年前の秋にも、日本の尖閣諸島国有化を巡って中国国内で反日運動が盛り上がったが、この年は12月13日に、防衛省を震撼させる「事件」が起こっている。防衛省幹部が振り返る。

「中国国家海洋局所属のY12洋上監視機が突然、尖閣諸島上空に初襲来したのです。海上保安庁の巡視船が視認し、すぐに防衛省に通報が来ました。われわれは急遽、航空自衛隊のF15Jを2機派遣し、那覇基地で待機中のF15J6機とE2C1機にスクランブルを発令しました。幸い、中国機はまもなく日本領空を離れたものの、日本はその3日後に総選挙だったため、政府の発令が遅れるリスクがありヒヤリとしたものです」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら