[サッカー]
大野俊三「G大阪、快進撃の要因」

 アギーレジャパンは11月の2試合(14日=ホンジュラス、18日=オーストラリア)に連勝し、2014年の実戦を終えました。今回、注目されたのはMF遠藤保仁やMF今野泰幸といったザックジャパンで主力を張った選手の代表復帰です。日本サッカー協会内に10月までの4試合(1勝2敗1分け)に対する不満が見え隠れする中、ハビエル・アギーレ監督には11月の2試合でどうしても勝利が必要な状況でした。そこで遠藤や今野といった経験ある人材を招集したと私は見ています。その意味で、アギーレ監督としては計算どおりの連勝だったのではないでしょうか。

新旧スタイルは融合するか

 また、アギーレ監督は彼らを呼ぶことで、前体制のサッカーと自らの目指すスタイルをどう組み合わせられるかも意識していたはずです。それはオーストラリア戦の前半途中にシステムを4-3-3から、4-2-3-1に変更したことからも明らかです。

 アギ―レ監督は10月までの4試合では初選出のメンバーを多く起用するなど、カラーを前面に出して選手たちをテストしました。一方で、11月の2試合は前体制のベースに自身の哲学はどう組み込めるかをチェックしたのです。攻撃的サッカーを志向したザックスタイルと守備を重視するアギーレスタイル。今後、2つのスタイルのポテンシャルをアギーレ監督がどう生かしていくのかに注目していきましょう。

 試合内容にも触れておきます。オーストラリア戦は、システム変更を機に日本がリズムに乗って相手を押し込み、2点を奪いました。しかし試合終了間際、FWティム・ケーヒルにヘディング弾を叩き込まれ、1点差に迫られました。サッカーの中で起こり得る一瞬のスキを排除することが難しいのは事実です。しかし、そういうことが起こり得ることを意識し、備えておくことはできます。

 失点シーンではケーヒルの巧みなポジショニングに、日本の守備陣は見事にマークを外されていました。ケーヒルがいたのはDF森重真人とDF太田宏介の間です。森重はボールを意識しすぎたあまりケーヒルを見失い、太田はマークしている選手がいたために対応できませんでした。そのタイミングで生じたギャップをうまく突かれたのです。やはり、ゴール前では必ず1人はフィニッシャーに体を寄せなければいけません。そのことをDFラインの選手は改めて痛感したはずです。ケーヒルに許したゴールを、今後の教訓にしてほしいですね。