週刊現代
余計な検証、おかしな検証 魚住昭の誌上デモ「わき道をゆく」第105回

PRCって何のことか知ってます? 朝日新聞の第三者機関で、有識者3人で構成する「報道と人権委員会」だそうです。

そのPRC見解が11月13日の朝日に載っていた。テーマは原発「吉田調書」報道。「報道内容に重大な誤りがあった」として記事取り消しを「妥当」と結論づけていた。

本当にそうかな。確かにあの記事は見出しになる語句(『命令違反』)の選び方を間違えている。でも、事実の骨格はしっかりしたものだ。記事取り消しという最終手段でなく、語句の訂正とお詫びで十分だったのではないか。

そんな疑問を抱えながら17日昼前、永田町に行った。参院議員会館でPRC見解を批判する緊急記者会見があると聞いたからだ。

議員会館地下1階の会議室に数十人が集まっていた。海渡雄一弁護士がマイクを握り「事実と推測を混同しているのは『吉田調書』報道ではなくPRCの方だ。真実にたどり着いてない者に、真実を明らかにしようとする者を批判する資格はない」と言い切った。

うーん、ちょっと大上段に構えすぎという気がしないではないけれど、PRCの事実認定に異論があるという点では同感だ。

最大の問題点は肝心の吉田昌郎所長(故人)の待機指示をPRCが「合理性に乏し」く「極めてあいまい」と決めつけたことだろう。
ここは1F(福島第一原発)事故の真相を知るうえでも重要な点なので詳しくご説明したい。

1Fは2011年3月14日夕から15日早朝にかけ、最大の危機を迎えていた。2号機の原子炉に水を注入できず、燃料棒が露出する状態が長くつづいたからだ。
このままでは溶けた燃料が圧力容器どころか、その外側の格納容器も破壊して高濃度の放射性物質が一挙に外部に飛散する。すると1Fの所員約720人はほぼ間違いなく死ぬ。東電本店は1Fから2F(福島第二原発)への撤退に向けて動き始める。

それに待ったをかけたのが官邸だ。1Fから撤退すれば1、3号機への注水も絶え、連鎖的に格納容器が爆発する。やがて10㎞南の2Fも放棄せざるを得なくなり、他の原発にも波及する恐れがある。そうなると日本のほぼ全域が壊滅しかねなかったからだ。

菅首相は15日午前5時半すぎ、東電本店に乗り込み「撤退はありえない」と宣言した。だが、直後の6時すぎ、吉田所長に「2号機格納容器下部の圧力がゼロになったという情報」と「衝撃音がしたという情報」が入った。格納容器の爆発を疑わせる事態だった。

それから1Fの所員たちは必要な人員を残し、2Fへの退避に向けて動き出す。この時点では吉田所長も避難先は2Fという認識だったようだ。だが6時42分、彼は重大な指示の変更をする。以下が「吉田調書」の核心である。

〈本当は私、2Fに行けと言っていないんですよ。ここがまた伝言ゲームのあれのところで、行くとしたら2Fかという話をやっていて、退避をして、車を用意してという話をしたら、伝言した人間は、運転手に、福島第二に行けという指示をしたんです。私は、福島第一の近辺で、所内に関わらず、線量の低いようなところに一回退避して次の指示を待てと言ったつもりなんですが、2Fに行ってしまいましたと言うんで、しようがないなと。2Fに着いた後、連絡をして、(中略)まずはGMから帰ってきてということになったわけです〉