米名門紙ワシントン・ポストがアマゾン創業者ジェフ・ベゾスの下で復活の兆し!

2014年11月28日(金) 牧村 洋
upperline
キンドルファイア向け新アプリ(ワシントン・ポスト紙のホームページより)

新アプリによって「全国的・国際的な読者層を構築する」

コンテンツを充実させたのなら、次のステップはコンテンツをできるだけ多くの読者に届けることだ。ここで出番になるのが、先にも触れたキンドルファイア向け新アプリだ。ポスト紙は新アプリについて記事で取り上げ、次のように書いている。

〈 新アプリには(地元ワシントンの)地域ニュースのセクションが含まれていない。新アプリの狙いは、キンドルファイアの利用者を取り込むことで、全国的・国際的な読者層を構築することにある。 〉

これは編集方針の大転換を意味する。というのも、ポスト紙は全国的な名声を得ながらも、歴史的に地方紙としての性格を色濃くしていたからだ。実際、首都ワシントン地域で配達される紙媒体に広告収入の多くを依存していたし、「ワシントンのための新聞」「ワシントンについての新聞」をモットーにしていた。

全国的・国際的な読者層構築は、アマゾンで見せたベゾス氏の経営哲学と合致する。つまり、顧客第一主義をテコに規模を追い求める成長路線である。地方紙・紙媒体のままでは成長は見込めない。ベゾス氏が描いているのは、デジタル化を一気に推し進めて全国・海外に新規読者を獲得することだ。

アマゾンはキンドルファイアの普及台数を公表していない。だが、ポスト紙の記事はアナリストの推計として、法人所有分を除いて世界2270万台という数字を紹介している。

キンドルファイア利用者は新アプリを使えば6ヵ月間は無料でポスト紙を読み放題であり、次の6ヵ月間は1ドルで読み放題になる。それ以後は月額料金(推定3~5ドル)を払う必要がある。新アプリは来年の第1四半期にはグーグルのアンドロイドやアップルのiOS向けにも用意される予定だ。

記事によれば、編集部門の人員拡大も新アプリ対応を狙いにしている。新規採用された記者は美術やスポーツ、金融など全国的ニュースに精通しており、ポスト紙が伝統的に強みとするワシントン政界や国際ニュースを補完する。新規採用組のうち16人は新アプリ専門の編集者であり、1日3交代で勤務する。

次ページ 言うまでもないが、読むに値する…
前へ 1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ