学校・教育 シンガポール
日本の活路は"アジアシフト"しかない。最も愛され、必要とされ、戦いやすい場所で戦え!
Photo by Getty Images

地方創生もアジアの力を使え!

勝負がある程度見えていることもあり、こちらシンガポールではあまり話題になっていないが、日本では解散総選挙が迫る。争点はアベノミクスとなるようだが、アジアの金融ハブ・シンガポールでのアベノミクスへの評価は、期待が大きかった分、今は厳しい(ただ投資家たちは、日本経済には悲観的だが、日本株にはいまだかってないほど、短期では楽観的に見ている)。

私は人口が減り高齢化していく日本の活路はアジアの力を取り入れていくことにしかないと思っている。安倍政権の看板政策である「地方創生」にしても、日本の中で「都市」と「地方」が、現代版"列島改造論"のように、人口の奪い合いをしているようでは何の打開策にもならない。衰退する地方こそ、観光から企業誘致まで最も近くて活力のあるアジアの力を利用すべきだろう。

この"アジア"というチャンスに溢れ、課題も抱える場所について、できるだけ正確な最新事情を知ってほしいという思いで新刊『シンガポール発 最新事情から説く アジア・シフトのすすめ』(PHPビジネス新書)を書かせてもらった。

「日本がダメ」で「シンガポールをはじめとするアジアがいい」とか、その逆を語るつもりもない。そんな議論は正しいか正しくないか以前に、あまり意味がないと思うからだ。私が世界中でいろんな人と働いてみて思うのは、世界には完全無欠なパラダイスはないということ。世界を歩き、歴史を学んでみて思うのは、国家や地域の興亡はその時代にその国や地域の在り方、その住人の特性が合っているかどうかだけではないかということだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら