経営改革を進める第4の鍵: 高度な経営支援能力の構築-経営改革推進チームの設置と実践トレーニング

「経営改革を進めるには7つの鍵を同時に開けること」( http://urx.nu/egky )という提案をさせていただいた。今回は「経営改革を進める第4の鍵:高度な経営支援能力の構築-経営改革推進チームの設置と実践トレーニング」について、くわしくご説明したい。

経営改革推進チームの役割と立ち位置

経営改革推進チームの役割は、既存事業の立て直しや複数のリーンスタートアッププロジェクト推進時に生じる多くの問題点を解決し、プロジェクトの直接的な責任者を支援して順調に進行させることにある。

どちらも、会社組織の慣性や社員の反対を乗り越えなければならない上、「本来会社はどうあるべきか」というゼロベース発想が要求されるので、ラインの人間だけでは大胆に進めることがむずかしい。

既存事業であれば、自分たちが必死になって守ってきた事業のあり方を多かれ少なかれ壊さなければならず、当事者にはかなりむずかしい。わかっていてもしがみついてしまうからだ。また、多くの場合、ほかの事業の経験がそれほどあるわけではないので、人として頑固ではなくても、柔軟な頭ではなくなっている。

複数のリーンスタートアッププロジェクトを進める際も、従来の新規事業の立ち上げ方やスピード感とは大きく異なるので、ある程度新しいやり方に慣れた経営改革推進チームメンバーがコーチングしなければ、本来のリーンスタートアップを徹底することができない。価値仮説が甘いまま走ったり、MVP(実証ミニプロダクト)を何ヵ月も作り込んだり、ピボットを躊躇したりする。

経営改革推進チームの立ち位置は、既存事業部やリーンスタートアッププロジェクトに対して上から命令するのではなく、横から支援・助言する形を取る。そのほうが当事者のコミットメントを引き出しやすく、責任の所在がはっきりする。

ただ、組織としては社長直下に置き、社長直属のスタッフとして行動する。もちろん、社長の威光を傘に着て上から目線で接することは決してあってはいけない。あくまでプロジェクト責任者と対等な立場から支援する。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら