優秀な人こそ社内で孤立する!? 「脱派閥が正義」と考えることの危険性
『社内政治の教科書』第5回
Photo by Think stock

近年、若手を中心に、派閥と距離を置く「中立派」や、派閥にかかわらない「孤高の存在」をめざすビジネスマンが増えています。私は、その動きを支持していますが、ひとつ気になっていることがあります。「脱派閥は正義である」という風潮です。そのように考えてしまうと、仕事をうまく進められなくなってしまう恐れがあると思うのです。それはなぜでしょうか。

第1回はこちらからご覧ください。
第2回はこちらからご覧ください。
第3回はこちらからご覧ください。
第4回はこちらからご覧ください。

増加する「中立派ビジネスマン」

「派閥」という言葉にはネガティブな印象がつきまとっています。なかには、派閥を「悪の権化」のように捉えている人もいます。たしかに、派閥活動がエスカレートすると、社長のポストをめぐって派閥抗争を繰り広げたり、既存事業の存在を脅かす新規事業を妨害する裏工作を行うなど、組織全体の利益を損なうような事態を招くこともあります。その一面だけを取り上げれば、「派閥は百害あって一利なし」と考えるのも無理はないかもしれません。

そのせいもあって、近年は、若手を中心に、派閥と距離を置く「中立派」や、派閥にかかわらない「孤高の存在」をめざすビジネスマンが増えているようです。派閥内の人間関係に縛られることを煩わしく感じているのも、その一因となっているでしょう。高度経済成長期には「派閥に入るのが当たり前」だったことを思えば、隔世の感がします。

この変化に大きな影響を与えた人物がいます。

1983年に連載が始まった青年漫画の主人公、島耕作です。当時、課長だった彼は、「出世したいなら○○部長の派閥に入れ」と初芝電器産業の役員に誘われたにもかかわらず、「私はどんな派閥にも属さない主義なのでお断りします」と明言。その後、派閥争いの間でもまれながら、理不尽な異動にも負けず、一貫して「中立派」として戦い抜きました。そして、2008年には『社長・島耕作』の連載がスタート。ついに、社長にまで登りつめたのです。

この間、国政の世界でも「派閥解消」が強く叫ばれました。小泉政権や民主党政権が成立した一因には、彼らが「脱派閥」を唱えたこともあったといわれています。いわば、「脱派閥」は時代の"正義"だったのです。おそらく、この風潮も派閥から距離を置くビジネスマンの増加に影響を与えたのではないかと、私は考えています。

「課長」から始める社内政治の教科書高城幸司著
(ダイヤモンド社、1620円)
部署間対立、予算・人員の分捕り合戦、横暴な上司に反抗的な部 下……。どんな会社にも「社内政治」はあります。そのややこしい現実のなか、関係者の利害を調整しながら、巧みに物事を進める力(=政治力)を身につけな ければ、「課長」の仕事は務まりません。「政治力」こそが、課長の仕事の中核なのです。しかし、これまで、誰も、この極めて重要な「スキル」について教え てくれる人はいませんでした。そこで、リクルートで社内政治の実践経験を積み、人事コンサルタントとして独立してからは、数多くのクライアントの「社内力 学」と管理職の「本音」に触れてきた著者に、「社内政治のノウハウと心構え」をまとめていただきました。社内でプレゼンスを高め、自分が正しいと思うこと を実現する「政治力」が身につく画期的な一冊です。

Amazonはこちらから/楽天ブックスはこちらから