[プロ野球]
佐野慈紀「鳥谷がメジャーに求めている“競争相手”」

 日本シリーズの終了と同時に、プロ野球界ではストーブリーグが熱を帯びてきていますね。なかでもフリーエージェント(FA)権を行使した選手の動向は、ファンにとっても気になるところでしょう。そして近年では海外FA権、あるいはポスティングシステムでメジャーリーグに移籍する選手が毎年のように出ています。今年、海外FA宣言をしたのは4人。その中でメジャー行きが濃厚とされているのが鳥谷敬(阪神)です。

 鳥谷がメジャー移籍を希望していることは、数年前から報道されていましたので、今回FA宣言をしたことについては、特に驚きはしませんでした。33歳という年齢を考えても、本人もラストチャンスという思いが強かったのではないでしょうか。

 鳥谷というと、攻守にわたっての安定したプレーに加えて体が強いことが挙げられます。プロ2年目の2005年から10年連続で全試合に出場しており、11、13、14年と3度ゴールデングラブ賞に輝いています。また、11~13年には3年連続でリーグ最多四球数をマーク。今年は自己最高の打率3割1分3厘で、9年ぶりとなる日本シリーズ進出に大きく貢献しました。

 鳥谷のプレーで、私が一番印象に残っているのは、昨年のワールド・ベースボール・クラシックで、本職のショートではなく、セカンドを守った試合です。まるでセカンドが本職であるかのように、とても生き生きとプレーしていたのです。セカンドをそつなくこなしている姿を見て、彼の内野手としての質の高さを感じました。その時、「これだけ素晴らしい選手なのだから、メジャーで挑戦したいという気持ちが出てくるのも当然だろうな」と思いました。

 というのも、鳥谷はチームでは不動のショートストッパーで、正直言って、鳥谷を脅かすようなライバルは出てきていません。同じショートが本職だった西岡剛が移籍してきましたが、早々と西岡のセカンドとしての起用を決定し、球団は鳥谷の競争相手にはしませんでした。これではなかなか鳥谷のモチベーションが上がらなかったというのもあったのではないかと思うのです。

 もちろん、選手にはチームの優勝という目標が大きなモチベーションになっていることも確かですが、やはり個人のスキルを上げたいと思うのも事実。やはりチーム内で競争相手がいるのといないのとでは、モチベーションはまったく違ってきます。鳥谷がメジャー移籍を考え始めたのも、自分自身をもうひとつ上のステージに上げるための挑戦という意味合いが一番大きいのだと思います。